業務用コピー機(複合機)と家庭用コピー機の違い


業務用コピー機・家庭用コピー機比較表

そもそも業務用のコピー機と個人で使用する家庭用コピー機にはさまざまな違いがあり、それぞれメリットも異なります。
業務用コピー機が優れているポイント、家庭用コピー機が優れているポイントに分けて、それぞれの違いを解説します。

【目次】
業務用コピー機のほうが家庭用コピー機より優れている5つの点
家庭用コピー機のほうが業務用コピー機より優れている3つの点
低コストで大量印刷したいなら業務用コピー機がおすすめ
コピー機と複合機の違いは何か
業務用コピー機(複合機)の選び方

まず、業務用コピー機のほうが家庭用コピー機よりも優れているポイントを紹介します。

1. 印刷スピードが3〜4倍速い

業務用コピー機は、大量に印刷することも多いため、印刷速度が速いという特徴があります。特に印刷速度をウリにしている機種でなくても、業務用コピー機であれば1分間に60枚~80枚程度の印刷が可能です。
家庭用コピー機の場合、印刷方式にもよりますが、1分間で20枚以下の機種がほとんどです。

2. レーザー印刷なのでコストが3〜4倍安い

コピー機の印刷方式は、主にレーザーとインクジェットに分けられます。
業務用コピー機の多くはレーザーで、用紙一枚あたりの印刷コストは20円以下が目安です。
一方、家庭用コピー機は、染料を紙に直接吹き付けるインクジェット方式が主流です。色の再現性の面では優れていますが、インクの消費量が多く、一枚当たりの印刷コストは60円~80円程度になります。

3. A3以上のサイズや100枚以上の印刷も可能

業務用コピー機は、A3などさまざまな用紙サイズに対応し、しかも各サイズの用紙をそれぞれ500枚以上同時にセットできるようになっています。一度に大量に印刷するような使い方でも、用紙をセットする手間を少なくできます。
一方、家庭用コピー機では、対応している用紙サイズはA4までの機種が多く、同時にセットできる用紙は一種類だけ、枚数も50~100枚程度までとなっていることがほとんどです。

4. ファックス、スキャナー、タッチパネルなど機能性が高い

業務用コピー機の多くは、コピー機能だけでなくファックスやスキャナーがついており、「複合機」と呼ばれます。家庭用コピー機にもファックスやスキャナーがついている複合機は存在しますが、家庭ではファックスはどちらかといえば電話機の機能として使われることが多いです。
また業務用コピー機はタッチパネルのついた機種が多く、操作性の面でも優れています。

5. 保証やサポートが充実

家庭用のコピー機は一般的なメーカー保証や販売店の保証がついているだけですが、業務用コピー機にはメーカーの定期メンテナンスサービスがあります。
故障などのトラブルの際にもエンジニアが来て対応してもらえるので、安心して業務に活用できるでしょう。

次は、逆に家庭用コピー機のほうが業務用コピー機よりも優れている点を見ていきましょう。

1. 本体価格が100万円以上安い場合も

業務用コピー機は、安い機種でも50万円~60万円台が主流で、高機能な複合機の中には100万以上のものもあります。しかし家庭用コピー機は機能が少ないということもあり、安いものでは数千円から、高機能な製品でも2~3万円から購入できます。
ただし印刷コストは業務用のほうが安いので、大量に印刷すると家庭用のほうが全体のコストは高くなります。

2. 机の上に収まるコンパクトな本体サイズ

家庭用コピー機は机の上に載せられるサイズの機種がほとんどですが、業務用コピー機は高さが1メートルくらいになる機種が主流です。また排熱を逃がすためのスペースも必要になりますので、業務用コピー機を導入する際は置く場所をよく考える必要があります。

3. 解像度が高く写真の印刷が得意

家庭用コピー機は解像度が高く、写真の印刷が得意なタイプが多いです。業務用コピー機はいろいろな印刷物に対応していますが、解像度はあまり高くない機種が多くなっています。
そのため、高画質な写真をきれいに印刷したい、という用途であれば家庭用コピー機のほうが向いています。
ただし通常のコピー用紙で印刷する場合、インクが滲んでしまい文字の出力がボヤっとしまう場合があるので注意が必要です。

業務用コピー機・複合機と個人向けの家庭用コピー機のそれぞれの優れている点について解説しました。業務用コピー機はいろいろな用紙に対応し、低コストで大量に印刷したい場合に向いています。

オフィスには必ずといっていいほど複合機・コピー機が設置されていますが、複合機とコピー機の違いについてきちんと理解している人は多くないのではないでしょうか。
まず、厳密にいえば「コピー機」とはコピー機能を搭載した機械のことを指します。それに対し、「複合機」とは、コピー以外にもプリンター、スキャナー、ファックスなど、複数の機能が搭載された機械のことをいいます。しかし、現在はコピー機にも多くの機能が搭載されたものが基本となっているため、一般的に複合機=コピー機という認識になっています。家庭用のコピー機でも印刷機能を備えたものが多いですが、それは厳密にはコピー機ではなく複合機という扱いになります。

業務用として使う場合には、コピー以外にもファックス、プリンター、スキャナーが必要な場面がたくさんありますので、これらの機能が搭載された複合機を導入するのがおすすめです。設置スペースを考えても、それぞれ別々に設置するよりも複合機1台に集約したほうがよいでしょう。

業務用コピー機(複合機)は環境や用途に合わせて選ぶようにしましょう。小規模のオフィスの場合は、小型の複合機が場所をとらずに設置できておすすめです。大型の複合機に比べて導入コストが安いことも魅力です。モノクロ印刷に特化したものもあります。
業務用コピー機(複合機)を選ぶときに大切な基準は、大きく分けて2つあります。

・どれくらいの枚数を印刷するか
業務用コピー機(複合機)の性能を決めるには、「1ヵ月にどれくらいの枚数を印刷するか」が大きなポイントになります。なぜなら業務用コピー機(複合機)の価格は印刷速度によって変わるからです。印刷の速度が速いものが高く、遅い場合は低コストでの設置ができるといえます。まずは印刷枚数を見積りましょう。

・必要な機能は何か
機能が増えれば当然コストも高くなります。そのため「どの機能が必要であるか」「どの機能が必要でないのか」をしっかりと把握しておきましょう。必要最低限の機能のついた機種を選ぶことにより、さらにコスト削減することが期待できます。

複合機NAVIでも家庭用コピー機からの業務用コピー機に替えたい、というお問い合わせをたくさんいただきます。家庭用コピー機と業務用コピー機のランニングコストの比較もお手伝いいたしますので、業務用コピー機・複合機の導入をご検討の方はぜひ一度お問い合わせください。
複合機・コピー機のお問い合わせはコチラ

関連記事

業務用複合機の導入方法をリース、購入、レンタルで比較
サテライトオフィスで小型複合機・コピー機を導入する際のポイント

前のコラム   コラム一覧へ戻る 



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


複合機NAVI紹介動画
  商品一覧         複合機を選ぶ          お客様満足度アンケート お客様の声    施工事例集             メニュー   
販売パートナーを募集しています。 かんたんリース審査 テレワークのお悩み解決します クラウドPBXNAVI オフィス電話NAVI オフィスWi-FiNAVI SKYSEA オフィス引越NAVI MEGA-NET オフィス空間
トップへ戻る