施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

シャープのコピー機を導入するにあたって

シャープのコピー機を導入するにあたって

この先シャープのコピー機を導入しようと考えている場合は



自分の会社にシャープのコピー機を導入したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。コピー機は、幅広いビジネスシーンにおいて、高い頻度で使用されているアイテムの一つです。それだけに、消耗・劣化の度合いも高く、ある程度のサイクルで買い替えや新規購入の必要性が生じるものにもなります。このような状況になってから慌てなくて済むように、商品を購入する際のチェックポイントをあらかじめ把握しておくと良いでしょう。

業務用のコピー機ともなると、購入するにあたっては、それなりに費用を負担しなくてはいけません。また、ビジネスの場面でコピー機を導入する場合、長い期間に亘って、頻繁に使用することが想定されます。このような事情を踏まえると、買い替えや新規購入の際には、支払った費用に見合うだけの利用価値がある商品を選びたいところです。

コピー機の導入にあたって、負担することになる初期費用は、チェックポイントの一つです。ただし、イニシャルコストだけに気を取られていると、導入した後にさまざまな問題が発生し、かえってトータルのコストがかさんだり、思わぬトラブルやアクシデントに見舞われたりするリスクが高くなるので、注意する必要があります。例えば、コンディションの悪い商品を導入すると、故障などのリスクが高く、頻繁に修理や買い替えの必要性が生じて、ランニングコストや新しい機器の購入費用がかさむことが想定されます。また、利用する業者によって、アフターサービスの充実度には違いがあり、こちらもチェックポイントの一つとなります。



利用する業者や、導入する商品を選ぶにあたってのチェックポイント



最近では、オフィス・オートメーションが進み、ビジネスシーンでパソコンなどの機器が使用される機会が増えてきています。このような状況の中で、シャープなどのコピー機が利用されるシーンも数多く目にします。仕事の場面でコピー機を導入するにあたっては、日常業務に支障を来すことがないよう、メンテナンスなどのアフターサービスにも気を配って利用する業者を選ぶことが大切になります。

この先、コピー機を導入するに際して、初期費用は気になるポイントの一つです。複数の業者や商品を比較・検討すると、少しでもコストを低く抑えたり、業界内の相場金額を把握したりする上で役立つことがあるかもしれません。相場感覚が身につけば、お得な価格設定のなされているショップやアイテムを見逃したり、業者スタッフのセールストークや強引な営業、しつこい勧誘に遭って、不利益の多い買い物をすることになったりするリスクも低くなります。

また、イニシャルコストが安上がりになっても、ランニングコストや、買い替えのための費用がかさむと、結果的に不利益をこうむることにもなりかねません。これから機器を導入するにあたっては、そのあたりの事情を踏まえた上で、トータルのコストを低く抑えることができるよう、業者や商品を選ぶことがポイントになります。



導入方法や機能、アフターサービスにも気を配ろう



シャープなどのコピー機を導入するにあたっては、新品購入や中古品購入、リースなど、導入方法にも気を配ることが大切です。それぞれの導入方法によって、商品の販売価格や初期費用、耐久性、ランニングコスト、買い替えの頻度・費用などの違いがあります。こちらの条件を比較・検討するにあたっては、導入した商品の使用を想定している期間など、一つひとつの企業の適性やニーズ、希望条件によって、適切な判断をすることがポイントになります。

また、言うまでもありませんが、それぞれの機器に搭載されている機能もチェックポイントです。昨今では、コピー以外に、パソコンからのデータ受信による印刷など、多彩な機能を持つ機器も多く登場してきています。こうした商品は魅力的ですが、搭載されている機能が多くなればなるほど、導入する際のコストも高くなる傾向にあります。コピー機を導入する際には、そのあたりの事情を踏まえた上で、自分の会社で使用する頻度の高い機能をリストアップし、適切な商品を選択すると良いでしょう。

次に、導入した後、定期的なメンテナンスや、トナー交換などの要望への対応など、業者によって提供されるフォロー体制の充実度も気を配るべき点となります。場合によっては、アフターサービスの利用料金がかかることもあるので、後になってから思わぬ不利益をこうむることのないよう、事前に情報収集を行っておくことが大切です。

アフターサービスの一環として、業者と結ぶ保守契約には、カウンター方式・コピーキット方式・スポット保守方式という3種類のタイプがあります。それぞれの方式によって、保守サービスを受けるための料金や、契約期間の有無などに違いがあるので、購入やリースをする際には確認しておく必要があります。

■関連ページ
コピーの詳細はトップページで

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る