施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

コニカミノルタのコピー機を購入したいとお考えの方へ

コニカミノルタのコピー機を購入したいとお考えの方へ

コピー機の購入をお考えの方はこちらをチェック


この先、コニカミノルタのコピー機を購入したいと考えている方もいるのではないでしょうか。複写機能を搭載したコピー機は、ビジネス業界のジャンルにかかわらず、会議資料の作成などさまざまな業務を行う上で必要不可欠なツールとなっています。昨今では、コピーの他にスキャナーやファクスなどの機能を搭載した複合機を導入している企業が多く見られます。複合機は、業務の効率化や合理化につなげることができ、コストを削減したり省スペース性を向上したりと考えている方にもおすすめです。
そのように、さまざまな魅力を持つコピー機ですが、新しい事業を立ち上げたり、既存の事業を拡張したりするために、購入する際は当然のことながら、それなりの費用を負担しなければなりません。また、コピー機の場合、イニシャルコストだけではなくランニングコストも発生するという問題があります。例えば、保守や点検、用紙やトナーなど消耗品の購入、故障した時の部品交換など、さまざまなコストがかかります。こうした費用がかさむと、本来は業務の効率化を実現するはずのところが、かえって経営状態を悪化させることにもなりかねないので注意する必要があります。
この先、コピー機を購入するためにかかる費用を節約するためには、商品の選び方にも気を配ることが大切です。例えば、新品と比較して、型落ちの新古品や中古品はリーズナブルな価格で販売されているという魅力があります。その内、新古品は未使用のコンディションであるため、新品同様に使用することが可能となります。また中古品と比較して故障などのトラブルが発生するリスクが低いので、ランニングコストも節約できる可能性が高まります。また、レンタルやリースという便利な方法を選んでコストの節約をすることもできます。

コピー機を取り巻く環境の変化と機器の選び方


近年になって、企業や官公庁ではペーパーレス化が推進され、紙仕様の情報媒体が使用される機会が減ってきています。コニカミノルタなどのコピー機は、元来紙から紙へと情報を転写する役割を果たすものなので、そのような時代背景の中で、使用機会が減少するはずと思いきや、逆に進化を遂げ従来よりもニーズが減る気配はありません。
最近では、オフィス・オートメーションが進み、大量のデータが電子化されてきています。このような状況の中で、コピー機の中には通信機能やデータ保存のためのハードディスクを搭載した複合機が増加する傾向にあります。そのように、コピー機の機能が多方面に分化する中、新たにコピー機を導入するにあたって、商品の選び方が分からず、お困りの方もおられるのではないでしょうか。 特に、コピー機の導入が初めてという場合には、各機器に搭載されている機能や、その活用方法が把握できず、商品を選ぶ際に失敗してしまうリスクが高いので、注意する必要があります。
そうした問題を解決するためには、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件によって適切な機能の搭載された商品を選定することがポイントになります。例えば、コピー機は複写のためだけに使用するという会社なら、シンプルな機能のものを選ぶことで、負担するコストを節約することができます。また、イントラネットの構築が進んだ大企業においては、負担することになるトータルのコストを考慮に入れても、多彩な機能が搭載された複合機の導入をおすすめします。

費用も考慮に入れて商品を選ぼう


これからコニカミノルタのコピー機を導入するにあたって、初期費用またはランニングコストや機器の買い替えなどにかかる費用の負担はなるべく軽くしたいものです。ただし、イニシャルコストを安上がりにすることばかりに気を取られていると、状態の悪い商品を選んでしまって、故障時の対応や新しい商品の購入にかかるコストがかさんで、逆に不利益をこうむる可能性もあるので、注意する必要があります。
特に、中古品の場合には製造されてからの年数によって、部品交換の可能な期間に違いが生じてきます。こちらの問題に気を配らないと、購入した当時には問題がなくても、短期間のうちに部品の生産が終了の時期を迎えてしまい、機器が故障した時にも部品を交換することができずに、新しい商品と買い替えるよりほかに選択肢がなくなってしまう可能性もあるので、気をつける必要があります。
とりわけ業務用の商品は、家庭用の商品と比較して、使用する頻度が高くなる傾向にあります。そのため、機器の劣化や損傷も発生しやすくなるので、購入時には慎重に商品選びをすることがポイントとなります。具体的には、カウンターに表示されている印刷枚数や、トナー・感光ドラム、オプションの有無から配送料金まで、さまざまな条件に気を配って、購入する商品を選定することが大切です。融通の利くリース商品を選択することも方法の一つです。長期的に考えて商品を選びましょう。

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る