複合機・コピー機のメーカーにサービスの違いはあるのか?各メーカーの違い一挙公開


2018年カラーコピー機顧客満足度ランキング
複合機・コピー機を選ぶときの基準となるのはコストやサポート体制、印刷スピードや印刷のクオリティといった面ですが、いざ購入となったとき、どのメーカーのものを選べばいいのか悩む方も多いのでは。
メーカーによって複合機・コピー機の性能や特徴はさまざまで、サービス面でも違いがあります。

今回は、国内のOA市場で多くのシェアを誇っている「CANON(キャノン)」「XEROX(ゼロックス)」「KONICA MINOLTA(コニカミノルタ)」の3社にスポットを当て、それぞれの性能やサービスの違いをご紹介します。

【目次】
*1. 幅広い機種と優れた操作性に定評があるCANON(キャノン)
└1-1 クラウド型MFP機能拡張プラットフォームの本格展開にも注目
*2. 印刷画質の良さと迅速なサポート体制が魅力のXEROX(ゼロックス)
└2-1オフィスにとって心強いレスポンスの速い保守サービス
*3. コスパ面で選ぶなら低価格&耐久性に優れたKONICA MINOLTA(コニカミノルタ)
└3-1 画質はやや劣るものの使いやすく安定のサポート体制
*まとめ:メーカーだけじゃなく購入する販売店選びも重要

キャノンの複合機・コピー機は、国内シェアNo.2を誇ります。製品のラインナップに関しても、安価な汎用タイプからハイスペックモデルまで幅広く取り扱っており、様々な業種からの高評価を獲得しています。

その機能はとてもシンプルで扱いやすく、ディスプレイ等の映像機器にも強いキャノンならではのタッチパネル搭載など、操作性にも優れています。機器自体の性能や機能、印刷能力など、総合的にバランスの取れた製品が集まっているのが魅力でしょう。

言わずと知れた有名メーカーならでは、多くの販売業者での取り扱いがあります。価格の面でも平均的なので、購入する方の安心感的もありますね。

クラウド型MFP機能拡張プラットフォームの本格展開にも注目

また、キャノンはオフィス向けの複合機を対象としたクラウド型MFP機能拡張プラットフォームを本格展開していく流れです。これにより、オフィスの業務の強力なサポートを得ることが可能です。管理業務の負荷軽減にも繋がり、パソコンを使用しない複合機のみの操作で、スキャンデータを外部ストレージ等に送信することも可能になります。これからの経営に必要な、柔軟な業務体制を整えることが、企業にとっての戦力ともなります。

ゼロックスの複合機・コピー機では、印刷の画質も綺麗と定評があります。また、割合コンパクトな設計となっており、スペースの有効活用にも繋がります。
省エネ機能にも力を入れており、待機時の消費電力削減を期待できます。稼働能力も大事ですが、待機時間も長い複合機では省エネ効果がオフィスの経費軽減に貢献してくれるでしょう。
最新モデルでは、スマホやタブレットなどの端末からの出力が可能で、他の機器との連携に力を入れており、様々なターゲットに向けて働く力を発揮します。

オフィスにとって心強いレスポンスの速い保守サービス

ゼロックスの複合機・コピー機を選ぶ最大のメリットは、何と言ってもその導入サービスにあります。機器のトラブルの際は、保守サービスのレスポンスが良いと言われています。早い時ではその日の内の点検もあり、一秒を大事にするオフィスにとっても大きなメリットの一つです。

コピー機や複合機も、パソコンと同様に電源を入れたり、スリープモードを解除してから立ち上がり、印刷できる状態になるまでにある程度時間が掛かるものです。
コニカミノルタの複合機・コピー機は、この立ち上がりの速さに関しては高い評価をうけています。立ち上がってからのファーストタイム(コピーボタンを教えてから印刷が完了するまでの時間)が非常に短く、とにかく待機時間が短いことに定評があります。

また、コニカミノルタの複合機・コピー機は本体料金が安価なことから導入がしやすく、それに対して耐久能力が高いので、本体自体のコストパフォーマンスの面で力を発揮します。

画質はやや劣るものの使いやすく安定のサポート体制

一方で、画像技術はそこそこのレベルとも言われ、機種によっては「色や線がはっきり出過ぎる」等の声もあるようです。
しかし、タッチパネルは見やすい傾向にあり、多くの利用者に使いやすい複合機・コピー機を心がけています。
連続複写における速度も速く、分速でモノクロ75枚複写を実現しているモデルもあり、大手企業でも十分戦力になる仕様となっています。

これらの機能面だけでなく、サポート体制も安定していることも特徴のひとつです。他メーカーに比べ、画質面で劣る等のデメリットこそあるものの、コストパフォーマンス含め、初めて複合機を使用する際にはおすすめできる候補となるメーカーです。
「安く仕入れて、長く使いたい」方にとっては価値のあるメーカーと言えるでしょう。

複合機・コピー機のメーカー毎の違いについてご紹介してきました。
実際のところ、「印刷機能」だけで言えばどのメーカーも一定の水準を達しており、普通に印刷するぶんには、使用感に大きな違いは感じられないでしょう。

メーカーで選ぶのも良いですが、購入する販売店選びも大切です。購入後のフォローや、保守メンテナンス等に力を入れている所を選びましょう。
トラブルの際もスピーディーに対応してくれるかどうかは、複合機を選定していく上で非常に重要となります。使い方に合った複合機、コピー機を選んでくださいね。

複合機NAVIでは、お客様の使用状況などに応じて、最適なメーカー・機種をご提案させていただいております。複合機・コピー機の導入をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

コピー機・複合機のお問い合わせはコチラ

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 選ばれる理由 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

富士ゼロックス専門サイト MEGA-NET ビジネスフォンNAVI クラウドフォンNAVI オフィス電話回線NAVI 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る