複合機を導入するときに利用したいリースの価格や基本


インクジェットとレーザープリンターの違い

複合機とは、オフィスオートメーション機器(OA機)の一種で、会社などでよく使われている大きなコピー機のようなもので、この機械では印刷やパソコンにスキャンする機能だけでなくFAXの送受信など家庭用のものと比べて更なる多様性があります。プリンターにはインクジェットとレーザーという2つの種類があります。

この2種類のプリンターの違いは印刷の仕組みにあります。インクジェット式のものは、一般家庭でも使われることが多くインクジェット用の専用紙を使い印刷物を印刷するパターンがほとんどです。専用の印刷用紙といっても普段メモを取ったり、絵を描いたりするときに利用するものと変わらない紙質の用紙も販売されています。インクジェットタイプの複合機は、写真などの繊細な色の表現がされているものを印刷するのに適しています。しかし、インクジェットタイプの場合だとトナーの減りが早く、印刷をたくさんする人の場合だと、月に1回トナーを買い足さなければ間に合わないという現象も起こりえます。最近では、家電量販店でインクジェット式のコピー機を買うとトナーがセットになっていたり、コピー機とトナーを同時購入するとトナーを通常の価格よりも安く購入できるということもあります。

レーザープリンターは主に会社などで使われることが多いです。レーザープリンターはインクジェットプリンターに比べるとトナーの減りもそれほどないため、トナーを何度も買い換える手間が省けます。レーザープリンターの場合、モノクロ印刷に適しており、会議資料など大量の資料作成が必要な場合も、レーザープリンターが適しています。ただ、レーザープリンターの場合は機械自体が大型のものが多いので、小さな事務などで利用する場合は置き場所に困ることがあります。

複合機の導入について

事務所に複合機は欲しいけど、お金がない場合や大きすぎるといった場合があります。オフィスオートメーション機器は事務用に貸出しされているものも多くあり、購入価格よりも格安で利用することができます。また、機械が大きすぎて事務所に置くスペースがないという悩みも最近では、家庭で利用するような小型の機械もあり、置くスペースに困らないため人気があります。OA機を貸出してもらった場合、購入とは違い固定資産税の手続きなどをする必要がなく、申請する手間なども省けます。機械を貸出してもらう際に審査が必要ですが、それほど難しい審査ではないので通りやすく、すぐに貸出してもらうことが可能です。

機械を貸出してもらう場合、数ヶ月といった短い期間での貸出を実施していない企業が多く、1年や2年といった長期間での貸出が基本となっています。また、貸出契約が終了すれば期間を延長するのかどうか決めなくてはなりません。途中で契約を解約したいと思ってもできない場合もあるので、何年契約をするかは慎重になって考えた方がよさそうです。

先ほど述べた貸出してもらう前に行う審査についてですが、審査基準は非公開の場合が多いですが、業績や過去の貸出履歴など様々です。例えば、元々は他社と複合機の貸出契約をしていたが、何らかのトラブルがあり契約が解除されたなどの場合は、貸出するにあたって何か問題はないのかなどが調査されます。貸出を行っている会社が問題ないと判断した場合は貸出契約ができますが、問題があった場合には当然ですが契約は結べません。

レンタルとリースの違い

複合機の貸出価格についてですが、価格は会社によっても違いますし機械の大きさや貸出の期間によっても変わってきます。また、場合によっては機械本体を購入するよりも貸出で支払っている料金の方が高くつく可能性もありますが、最近では機械の貸出価格を安く設定している企業も出てきており、導入するときの選択肢は広がっています。企業から貸出てもらえる機械は、中古の機械はなく全て新品の機械の貸出が一般的です。中古は新品の機械に比べると故障が多く、トラブルが発生した場合にはその度に修理費もかかります。印刷のスピードの速さや様々な機能の豊富さによっても貸出価格が変わってきます。

また、貸出は購入とは違い初期費用がかからないのも貸出の魅力の1つです。さらに、複合機の貸出料を経費として処理が行えるため、会社への負担も少なくなります。レンタルとリースの違いですが、レンタルの場合は料金を払えば機械を1ヶ月や1年といった短期間でも一定期間貸してくれるため、期間限定のイベントが行われるときなどに多く利用されます。それに対し、リースの場合は契約を結び、5年〜7年などの長期間の貸し出し期間が前提になるため、オフィスなどでずっと使い続ける場合にはこちらが多く選択されます。

リースは途中で解約などをした場合違約金が発生することがほとんどです。しかしその分、月々の支払い金額は比較的安価になります。リースならば最新の機種を初期費用なしで導入することも容易であり、長期にわたって使用することが前提ならば、機能面と金額面の両方でリースの方が得であるといえます。

■関連ページ
複合機リースの詳細はトップページで

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


テレワークのお悩み解決します

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET クラウドPBXNAVI オフィス電話NAVI オフィス空間 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る