複合機をリースにするメリットとデメリット


会社を設立するのは大変

これから会社や事務所を始めるという時には、たくさんのお金が必要となります。とはいえ、具体的にどのくらいの費用が何にかかるのかということをきちんと理解していなければ、準備する資金もいくら必要なのかわからないですし、何にどのくらいのお金をかけられるのかもわかりません。

会社を立ち上げるとなれば、事務所や店舗が必要です。その家賃も必要ですし、中に入れる什器も必要となります。仕事をするにあたって今はどのような仕事であってもパソコンは必須ですし、ネットワーク環境が必要となります。それを整備する費用、開通費用も必要です。

また、会社設立の際には金融機関に手数料を支払ったり、登録免許税を支払ったりといった開業にあたっての登記に関する手続きでも必要な経費があります。これらは自分でできる場合には問題ないですが、わからない場合には税理士や行政書士に依頼をして作業をしてもらうこともあり、その依頼料が発生することもあります。

このように考えていけばかかる費用というのは様々なものがあります。その全てを自分たちで資金として準備をした場合でも、借りた場合でも手元に残るお金というのは少しでも多くしたいものです。運営を始めていれば、どうしても急に必要な費用がかかることもありますし、実際に運用を開始したら意外なところから出費が必要となることもあります。

もしも、急な出費が続いてしまうと赤字を計上することもあり得ますし、場合によっては職員の給与を出すことができなくなる可能性もあり、そのようなことは避けたいものです。そこで、万が一の時のために少しでも費用を抑えられるところは抑えるようにしたいものです。

リースのメリット

初期投資の費用を抑えることは会社の経営を始めるにあたってとても重要なことです。少しでも費用が抑えられれば手元に残るお金は増えることになりますから、開業後にトラブルが起きてもすぐに対応ができ、何よりも安心感が大きくなります。

このような初期費用を抑える方法として、リースを活用するという方法があります。最近ではリースが可能なものはとても多く、机や棚といった什器を借りることもできますし、パソコンや電話といった通信機器といったものもレンタルをすることが可能です。これらは購入するとなるとかなりの経費を必要とします。これをレンタルにすることで初期費用を大幅に減らすことができ、会社の運営資金にあてることができますし、何かの時に対応できるよう手元にお金を置いておくこともできます。

特にOA機器についてはリースをすることによって得られるメリットが色々とあります。初期費用が抑えることができますし、月額の利用料が固定費となるためにランニングコストがどのくらいであるのかということを把握しやすくなります。所有権が自分たちではなくリース会社であるために、減価償却や固定資産税の支払いなどといった備品にまつわる事務処理が不要となるために、仕事の量も減らすことができます。

複合機はその中でも日々進化をしており、様々なモデルがどんどん販売されています。購入をすると当分同じ複合機を使用する必要がありますが、リースの場合には一定のリース契約期間が済めば最新機種に交換することもできます。新しいものを使用してみて使い心地を確認した上で、経費に余裕があれば購入して導入することができるのもメリットの一つです。

デメリットと考えるべきこと

複合機をリースすることによるデメリットもあります。契約期間がある場合には、その期間には解約ができませんし、中途解約をする場合には違約金が必要となることがあります。そのため、事前に期間中借りることができるよう、確認が必要です。

もう一つ、長期間借りることとなると、購入費用よりも割高になってしまうことがある点です。これは、借りる場合には仕方のないことではあるのですが、借りる業者によってはこの月々の金額が高めに設定されていることもあり、一定の期間よりも長く借りると最終的に本体価格よりも高額になってしまうことがあります。そこで、借りる場合には事前に契約期間と月々の金額とを掛け合わせてトータルの費用が本体価格と比較してどのくらいになるのか、購入することが可能な価格なのかということも含めて検討し、借りるべきか、購入するべきかをしっかりと選択するようにしましょう。

会社の創業時というのは決めることも多いですし、とても忙しいものです。そうすると、少しでも自分たちの負担を軽減できるように目先の楽を選んでしまうことも多くあります。借りることができるならば、一旦借りて仕事を進めて置いて少し落ち着いたところで本格的に購入する機種を選ぶということも一つの方法です。確かにその方が実際の使用感を確認した上で購入するべきものが選べるのでとても便利です。

しかし、安易に決めてしまうと後から違約金の問題が出てきてしまい余計な出費が出てしまうこともあります。そこで、どれだけ忙しかったとしても、資金繰りの問題と使用する期間といった少し長期的な視点で考える時間を持つようにしましょう。

■関連ページ
複合機リースの詳細はトップページで

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


テレワークのお悩み解決します

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET クラウドPBXNAVI オフィス電話NAVI オフィス引越NAVI オフィス空間 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る