施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

機械として使っていくために大切な複合機の保守

機械として使っていくために大切な複合機の保守

複合機を安心して使っていくために



機械というものは、まったく壊れないというものではありません。メンテナンスをしていかなければ、長く使うことはできないでしょう。これは、複合機も同じです。ほぼ毎日使う機器なのですから、常に損耗をしていくと考えなければいけません。確実に使っていくためには、定期的なメンテナンスが欠かせないといえるでしょう。その点検や修理のことを保守と呼びます。アフターサービスのことをさしていますが、これを契約していくと考えるとわかりやすくなるでしょう。いろいろな種類で契約することになりますが、安心して確実に複合機を使っていくためには大事な契約です。複合機の保守契約は、3つのかたちが基本になります。

カウンターとキット、スポットというかたちがあり、それぞれに特徴を持っているため、内容にも違いがあると考えておかなければいけません。メリットもありますし、デメリットにもなってしまう部分があるため、活用しやすい方法を選ぶことが重要です。基本となってくるのが、カウンターで、コピー機でもおなじみの方法といえます。ほとんどのところが採用しているといわれている方法であり、1枚使ったらいくらというかたちで契約を結ぶ方法です。

部品代や修理費を損耗というかたちで計算する方法であり、使った量が多くなれば高くなりますが、枚数が多くなるほど安価になるようにできています。トナーに関しても無料供給ですから、費用は思いのほか抑えられるといえるでしょう。毎月決まった枚数を大量にコピーする場合にも向いており、毎月定期的なメンテナンスを受けることができます。部品を交換してもすべて含まれているため、訪問修理でも代金はかかりません。ただし、大量になれば、当然費用がかさみ、頻度が低くても割高になる可能性が出てきます。定期的に使っていないのであれば、有効とはならないでしょう。



トナーの量でその都度依頼していく方法もある



キットの場合には、削除…トナーの量によって保守を決める方法です。単純にトナーがなくなるまで保守契約を結ぶ方法で、追加…メーカー指定の純正トナーを購入する事を条件にメーカーメンテナンスがついてくる方式です。削除…カラー印刷では使われることはない方法といえるでしょう。本体料金が比較的安くなるメリットがありますが、トナーの単価も高くなります。つまり、1枚当たりの料金ということを考えると、比較的高額になるといえるでしょう。これは、故障した時のパーツにも言えることで、使用量が少なくなるのであれば、有効であるといえます。損耗が大きくなりやすい状況では確実に高額になってしまうことから、小規模なところで使用する場合にしか使うことがないでしょう。

スポットの場合には、契約的にはその都度依頼する形になるといえます。故障が発生したときにだけ依頼するという方法で、印刷頻度が低く、複合機の損もほとんどない企業向けでしょう。基本的に修理費は実費ですので、わかりやすい契約ともいえます。パーツ代だけではなく、技術料や出張費もかかってきますが、一般的に修理をするという印象になるでしょう。ですが、高額になってしまうこともあり、負担が増えることも出てきます。1枚当たりの単価で考えると、かなり高額になることもあるでしょう。修理に関しても、定期的にメンテナンスに来るわけではありませんので手配しなければいけません。その代わりに、継続的に費用の支払いが必要なくなるため、あまり使わないというところであれば向いている方法となるでしょう。デメリットがクローズアップされますが、一般的な方法であることは間違いありません。



安心して使い続けるためには



保守は勘違いされることもありますが、リースの契約とは異なります。含まれるものではなく、別に契約するものであり、保守点検にかかる契約と考えるといいでしょう。リースは機器の代金の支払いですので、まったく違う性格を持っているからです。保守契約を結ぶことにより、安心して使うことができるというのは大きなメリットでしょう。実際に使用量が多いというのであれば、カウンターにすることによって、費用の負担を抑えながら安定して利用できるようになっていきます。何かあってもすぐに相談することができますし、出張料などの心配もありません。問題は、経費に関する考え方であり、どこまで見ることができるのかということになるでしょう。

あまりに使わないというのであれば、固定した金額を支払うこと自体が重荷になってしまうことが出てくるからです。さまざまな種類がある以上、自社の使い方をよく考える必要が出てきます。これは、機種の選定の時点から出てくる問題であり、あまりに高額なものにすればいいというわけではありません。必要な機能を必要な時に使えることが重要となるのですから、保守ということも向いているものを選択することが一番です。負担になって使えなくなったら意味がありませんので、信頼できるところで購入して相談してみるといいでしょう。

■関連ページ
コピーの詳細はトップページで

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る