業務用コピー機・複合機の料金の違いって何?納得できる料金相場について


業務用コピー機・複合機の納得できる料金は?

リースもしくはレンタルで業務用コピー機・複合機の料金に見られる違いに、疑問が拭えない方々が潜在的に少なくありません。

中長期的に使用を続ければ、経費面の負担が大きく異なる料金だからこそ、納得できる相場と十分なサービスを望んで当然。今回は業務用コピー機・複合機の料金相場をご紹介いたします。

【目次】
*リース料金の相場と知っておくべき基礎知識
└印刷速度の速さで異なるリース料金
└カウンター料金とリース料金は反比例
└印刷速度が20枚台、リース料金が7,000~15,000円のコピー機がオフィスで人気
*相場を踏まえた業務用コピー機選択時のポイント
└想定される毎月の印刷枚数を視野に
└月間印刷枚数の算出方法
└新規開業や起業で予測できなければ「500枚」を目安に
*印刷速度を基準とした相場と月間印刷枚数の確認を

リース料金の相場と知っておくべき基礎知識

コピー機のリース料金は印刷速度で異なるため、1分あたりの印刷枚数が多いほど高く、少ないほど安くなります。
ただし、印刷速度が早いコピー機はリース料金が高いので、印刷速度と料金の両方が中程度のものを選ぶと良いでしょう。

印刷速度で異なるリース料金

業務用コピー機のリース料金には、各機種の印刷速度がダイレクトに反映されています。印刷速度とは、1分間あたりに何枚のプリントアウトが可能であるかを数値で明示したものであり、コピー機の性能の優劣を示す重要なデータです。
速度が速ければリース料金は高く、遅ければ安くなります。

印刷速度が50枚以上と高性能機種の業務用コピー機の場合、月額リース料金の相場は18,000~25,000円程度、対して15枚~20枚未満の低速機種では4,000~8,000円程度と言われています。

カウンター料金とリース料金は反比例する

業務用コピー機のリース契約に関する興味深い特徴として、カウンター料金とリース料金の反比例する傾向があげられます。これには印刷速度が密接に関係しており、たくさん利用すると安くなり、反対に使用しなければそれだけ割高になる料金体系となっています。

例えば印刷速度が50枚以上の機種の場合、上記の月額リース料金に対し、カウンター料金の相場は、カラー1枚あたり15~10円対してモノクロが1.5~1円との報告が見られます。対して15~20枚未満の低速機種では、カラーが30~20円、モノクロが8~3円とのデータが伝えられています。

印刷速度20枚台、リース料金7,000~15,000円のコピー機がオフィスで人気

今日一般のオフィスは、印刷速度が20枚台、リース料金の相場が7,000~15,000円の業務用コピー機が人気を博しています。
また、月間推奨印刷枚数は500~8,000枚程度で、多くの業種にマッチすると判断されていますが、カウンター料金に関しては、月間印刷枚数によって高くなる傾向がみられるため、トータルした比較検討が求められます。

相場を踏まえた業務用コピー機選択時のポイント3つ

業務用コピー機の導入に際しては、相場に対する表面上のお得感だけで機種を選択してはなりません。あくまで相場を目安に、着目すべきポイントを押さえた判断が大切です。

想定される毎月の印刷枚数を視野に入れる

業務用コピー機選択時の最重要点として、毎月の月間印刷にマッチした機種を選ぶ姿勢が挙げられます。
先述の通り、業務用コピー機のリース料金は印刷速度によって異なり、速ければ高額、遅ければ低額設定となっています。
単に最高速度で印刷での時間短縮効果だけに惹かれて選択してしまい、実際の利用に際しては意味のないオーバースペック状態となれば、無用なリース料金を負担する羽目に陥ってしまいます。

こうした経費の無駄遣いが生じていることにすら気づかず、中長期的なこの状況を続けてしまえば、経営にも悪影響が避けられません。
大切なのは業務用コピー機の相場を踏まえ、まずは想定される月間印刷枚数をより正確に見極める作業です。

月間印刷枚数の算出方法

1か月間にコピー機で何枚の紙を印刷したのかを数値化したものが月間印刷枚数です。
計算式は「1日の印刷枚数(量)×毎月の営業日数」で、営業日数は週休制であれば25日、週休2日制であれば20日計算が一般的で、コピー・FAX受信・プリントアウトを問わず、コピー機から印刷紙が出力された全てを合算します。
両面印刷は2枚として、またA3サイズは基本1枚でカウントしますが、2枚で計算する場合もあります。

コピー用紙の束が1束500枚で作られているケースが多いので、月々にどれくらいの束を開封しているかでも大まかな使用枚数を算出することもできます。

新規開業や起業で予測できなければ「500枚」を目安に

SOHOあるいは新規開業や起業の場合、月間印刷枚数は500枚がひとつの判断基準となります。
この数値は業務用コピー機導入時、最低限想定される月間印刷枚数であり、スタート直後いきなりこの数値を大きく上回る可能性は高くありません。
この数値以下であると推察される場合、業務用コピー機にこだわらず、家庭用コピー機の選択も視野に入ります。

印刷速度を基準とした相場と月間印刷枚数の確認を

業務用コピー機のリース料金相場は、1分間あたりに何枚印刷できるのかを数値化した印刷速度によって、価格が決まります。
印刷速度が速いメリットだけに着目し、オーバースペックとなってしまっては、無用な経費の支出になるため、自身の月間印刷枚数を算出し、その数値に基づく機種選択が賢く経済的なリース契約の要です。
複合機NAVIではお客様の利用状況に合わせて最適なコピー機・複合機をご提案させていただきます。コピー機・複合機の導入を検討中の方は是非お問い合わせくださいませ。

複合機・コピー機のお問い合わせはコチラ

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 選ばれる理由 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET ビジネスフォンNAVI クラウドフォンNAVI オフィス電話回線NAVI 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る