施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

富士ゼロックスのコピー機を購入しよう

富士ゼロックスのコピー機を購入しよう

富士ゼロックスのコピー機について


企業においては業務効率を高めるために幅広い機器を導入している会社が多いです。例えば電話で顧客への対応をしている会社ではデスクに電話を設置して顧客サポートをしている人もいます。電話だけでなく、企業の中にはコピー機を導入しているところは多いです。企業が使用する製品は家庭用のものとは異なっているところが多いです。家庭用プリンターは一般的に写真や資料などを印刷して私的用に使用するケースが多いです。しかし、企業が使うものはプリントはもちろんのこと、ファイルを共有することができたり、ファックス機能も使用できたりします。
企業は会議で資料を使用したり、ファックスのやり取りが多いので、もし導入しなければ業務効率が下がることもあります。そのため、導入している企業は少なくありません。今から起業を検討している人や、これから新しい製品への乗り換えを考えている人もいるのではないでしょうか。今ではレンタルや販売など数多くの業者が存在しており、その業者の中には富士ゼロックスのコピー機を取り扱っているところがあります。富士ゼロックスの製品の中には操作を快適にできる製品も存在しています。現在の富士ゼロックスの製品においてはタッチパネル操作で使うケースが多いです。デザインの見やすさだけでなく、角度を調節できるタイプの製品も富士ゼロックスの中には存在しています。例えば身長が高い人が操作をする時、できるだけ画面の角度が上向きの方が使いやすいと思う人が多いのではないでしょうか。一方で身長が高い人だけでなく、身長があまり高くない人も働いているでしょうから、そのような人で角度が上向きの状態では見づらいと感じる人もいます。調節できることで、そのオフィスで働くさまざまな人の目線に画面を合わせることができるので、富士ゼロックスのコピー機が使いやすいと思う人もいます。
操作性だけでなく、小型用紙の印刷にも対応できる製品があります。企業の中には会議で使用する資料を印刷することもありますが、顧客に提供するためのハガキ印刷をする必要がある時もあります。ハガキは通常の用紙に比べて比較的サイズが小さくなりますが、はがき印刷にも対応してくれるので、幅広い印刷物を取り扱うことができます。製品の中には小型用紙に対応できるだけでなく、まとめた出力にも対応できるタイプの機種もあります。そのため、大量枚数を印刷する時も活用できます。

富士ゼロックスのコピー機を導入する利点について


このように富士ゼロックスのコピー機には複数の機能が搭載されているので、様々な利点を導入企業は得ることができます。その利点とはコンパクト設計であるという点です。今現在運営している企業の中にはプリンターと、ファックス、スキャン機能を別々の製品で対応している会社もあります。機能が使えるので不便さを感じないという人もいますが、それぞれの機能を各製品が対応することで設置面積が多く必要になり、オフィスが狭くなるケースもあります。
企業用のコピー機を導入すれば一つにまとめることができますが、更に富士ゼロックスは省スペース化を実現しています。例えば製品の中には高さが700ミリ以下のもの、奥行きと横幅が600ミリに満たない製品もあります。そのため、更に省スペース化を実現することができ、もし導入をすれば企業のオフィスレイアウトを見直すことができます。
その他にも富士ゼロックスを導入することで多彩なファイル形式に対応できるという利点を得ることができます。企業が扱うファイル形式はテキストファイルだけでなく、画像ファイルや特殊な文章に対応できるファイルなど幅広いです。幅広い形式のファイルに対応できることで、社員間で共有できるファイルの種類が増えるので利点を感じられる人も少なくないでしょう。

富士ゼロックスのコピー機を導入する業者の選び方


富士ゼロックスのコピー機を検討している人はまずどのように導入するかを考えます。この選択によって選ぶ業者が異なるからです。導入するためにはまずリースのサービスを提供してくれる業者か、販売してくれる業者を選択します。どちらにもそれぞれのメリットがありますが、費用の面からリースを選択する人が多くいます。
例えば起業したばかりの会社では多くの予算を使うことができないので、リースを選択して導入をする人は少なくありません。もし購入ではなくリース業者を利用する時はメンテナンスについて確認を行います。メンテナンスサービスが充実している店舗ではランニングコストの削減などを期待することができるので、運用をする際の負担を少なくできる可能性があります。また、選ぶ際には最新の製品を扱っているか確認します。最新のコピー機があることで、使いたい機能が搭載された最新の製品を導入できる可能性があるので、業務の効率化に活用できるでしょう。

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る