施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

価格などに気を配ってcanonなどの複合機を導入する方法

価格などに気を配ってcanonなどの複合機を導入する方法

複合機の導入を考えている方はこちらをチェック


世の中には、さまざまな種類の複合機が出回っており、それぞれに特徴の違いがあります。その中でも、価格設定という条件に着目すれば、canonなどのメーカーや、搭載されている機能によっても様々な違いが生じてきます。例えば、高速印刷に対応している機種は、スペックが高い分、それだけ高めの価格設定がなされています。また、ひと口に「複合機」と言っても、さまざまな機能が搭載された商品がラインナップされています。例えば、コピーやスキャナー、ネットワーク対応など、搭載されている機能によっても、価格は大きく変わってきます。
また、これから導入する複合機を選ぶにあたっては、機器の年式もチェックポイントになります。年式が古いものの場合、リーズナブルな値段設定がなされている傾向にありますが、部品の生産が終了していて、保守契約の継続が不可能になる場合があります。したがって、導入時にかかるコストだけではなく、ランニングコストや、機器の入れ替えに発生する費用も考慮に入れて検討することがポイントになります。
そして、導入後のフォローとして、しっかりとしたメンテナンスを行ってくれる業者を利用することも大切です。こちらの条件に気を配ることで、導入してからトラブルやアクシデントが発生するリスクを軽減することが可能になります。

複合機の導入に際して気を配るべきポイントについて


canonなどの複合機を導入するにあたって、利用する業者を選ぶ時には、複数の業者に見積もりを依頼し、提示された価格などの条件を比較・検討するのがおすすめの方法です。こちらの方法を実践すれば、最初から一社に決めてかかるよりも、良い条件を提示してくれる業者が見つかりやすくなるというメリットがあります。また、複数の業者による見積もり条件を比較・検討することで、相場感覚が身につくという利点も存在します。そのようにして、相場勘に磨きがかかれば、営業担当者から相場を上回る金額を提示されているのを見抜けなかったり、良い条件を提示してくれた会社と契約するチャンスをみすみす逃したりするリスクが低くなります。
次に、複合機の導入に際しては、導入方法にも気を配ることが大切です。例えば、購入と比較して、リースの場合、イニシャルコストを低く抑えることができるというメリットがあります。そして、リース料金は、経費として計上・会計処理することができるのも魅力的です。こちらは、経済的な問題を抱えている企業で複合機を導入する場合にも、チェックしておきたいポイントと言えます。
また、利用する業者の選び方によっては、canonなど、さまざまなメーカーによる見積もり条件を、一括して提示してもらうことも可能です。こちらのサービスでは、価格はもちろんのこと、それぞれの機器に搭載されている機能なども比較・検討することができますので、気になる方はチェックしてみてください。

負担することになるコストを節約する方法と、保守契約に関する情報


企業の担当者として、canonなどの複合機をリースで導入しようと考えるのであれば、コストの問題もチェックポイントになります。カラー複合機と比較して、モノクロの機器は、リーズナブルな価格設定がなされていますが、メーカーから提供される援助金という観点から見ると、カラー複合機の方にアドバンテージがあります。そして、機器を導入してからの設定・使用方法によっても、負担することになるコストは変わってきます。例えば、カラー複合機を導入した後、モノクロでの出力をデフォルトの設定とした上で、必要に応じて手動でカラー出力を行うようにすれば、コストの無駄を省くことができます。
次に、複合機を導入する際には、保守契約にかかる費用にも気を配りましょう。中でも、カウンター保守契約は最もオーソドックスな契約形態となっています。こちらの契約を取り交わすと、トナーの交換や、故障した部品の購入、出張修理などにかかる費用が免除されることとなります。カウンター料金は、契約時に設定された金額を、毎月支払うという形になります。また、契約の際には、印刷する枚数による単価も設定されます。保守契約の料金は、月々支払いがあり、契約は自動的に更新されることとなりますが、希望すれば、いつでも契約解除をすることが可能です。
ただし、解約した場合、再契約を行うことは基本的に不可能なので、その点は注意する必要があります。そして、カウンター料金は、メーカーによって異なる金額設定となっているので、機器の導入に先立っては、複数のメーカーの料金を比較・検討してみることもポイントになります。
保守契約は、新品の機器を導入する場合、必ず取り交わさなければなりません。また、保守契約にかかる料金は、リース料金とは別に発生するものであるという点もチェックしておきましょう。

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る