京セラの複合機・コピー機の特徴と安く導入する方法


複合機はさまざまなメーカーから販売されています。一見似たようなものが多くて、どんなものを選べばいいのか分からなくなってしまいますよね。京セラの複合機・コピー機は、さまざまな企業が採用しており、人気のメーカーとなっています。ここでは、京セラ複合機・コピー機の耐久性や技術力、そしてメンテナンスコストなどについて詳しくご紹介します。

【目次】
*耐久性に優れ長く愛用できる
*技術的な優位性がある
*メンテナンスコストが低い
*京セラ複合機を安く購入する方法
*京セラ複合機の導入方法
*コストだけでなく機能やサポートにも注意

複合機メーカーの中の一つである京セラを愛用している企業も少なくありません。なぜなら、耐久性に優れた機種が多いからです。一度導入すれば長く使い続けられるため、コスパに優れているといえます。

印刷は、トナーをドラムの上に載せてコピー用紙を押し付けることで行うのが一般的です。複合機の中でもドラムは使い続けると徐々に劣化していきます。何度も印刷すると消耗してしまうのです。

京セラの複合機は、他の機種と比較すると硬度の高い独自の素材を使っているため、「長く使い続けても摩耗しにくい」という特徴があります。そのため、機能を劣化させずに使用することが可能です。

京セラの複合機は普通に使用すれば、500万枚まで印刷が問題なくできるとされています。通常のドラムの場合、約10万枚を印刷すると寿命になることが多い傾向です。このことから、京セラの複合機が優れた耐久性を持っているかが分かるでしょう。

京セラは、もともと光学機器やセラミックを使った製品に関する歴史は長いものがあります。そのような長い歴史の中で培ったノウハウを使って、優れた機種を提供できるのです。

京セラの複合機は、他社に比べて技術的な優位性を持っているといえます。例えば、最新機種の場合、現像剤を常に新しい状態に保つことができるシステムを採用しています。印刷をするためには、現像剤が必要です。

このシステムでは、現像剤を自動的に補給でき不必要なものは回収できます。それにより、いつ使用しても現像剤は常に新鮮な状態を維持できるのです。印刷するたびに、品質の高い画像を維持することができます。

また、画質の調整をワンタッチでできるところも魅力です。色合いの調整を簡単にできるため、写真のコピーをする場合、だれでも簡単に希望の色合いになります。さらに、中間転写ベルト離間機能の搭載されている機種もあります。

これは、もし使用しているときにカラートナーがなくなっても、ファックスが受信できる機能です。モノクロの印刷をするときにはカラー用の中間転写ベルトをドラムから切り離し、カラー用のドラムや現像ユニットをいったん停止できるため、ファックスの受信が可能になります。

京セラの複合機は、高機能である割にコストがあまりかからないというメリットがあります。複合機では、カウンター料金は無視できないコストです。たくさんコピーすればするほどカウンター料金もかかってしまいます。

コスト削減するためには、コピー枚数を少なくすること程度しかできないのが現状でした。カウンター料金は、コピー機メーカーにとって重要な収入源であるため、なかなか自主的にコスト切り下げをするのも難しい傾向です。

しかし、京セラではこのカウンター料金に改革という名のメスを入れています。一部機種の中では、「コンビ保守」と呼ばれるシステムを導入しているのです。従来の保守システムでは、何かあればすぐにメーカーの作業員が駆けつけて対処する方法をとっています。
しかし、京セラでは「ユーザーでできるメンテナンスはできるだけユーザーに任せる」という方法をとっています。その結果、保守作業におけるコスト削減を実現したのです。そのため、通常のカウンター料金と比較すると安く提供できるのです。

複合機を導入するにあたって、「メンテナンスコストがどの程度かかるのか気になる」という人もいるでしょう。その場合、他のメーカーと比較すると優位性は高いといえます。

京セラの複合機を購入するにあたって、できるだけ安く購入したいですよね。複合機は、商品のコンディションによって販売価格に違いがあります。例えば、新品よりも新古品、新古品よりも中古品の方がリーズナブルな価格で販売される傾向にあります。

そのため、購入時の費用を最も低く抑えるためには、中古品の購入がおすすめの方法といえるでしょう。ただし、コピー機の購入に際しては初期費用だけではなく、ランニングコストも考慮に入れたうえで、商品を選ぶことが大切です。中古品の場合、新品や新古品に比べると、故障などの問題が起きやすく、イニシャルコスト以外の費用がかさむ恐れがあります。

購入時の経済的負担が軽減されても、トータルのコストがかさみ、結局は不利益をこうむることにもなりかねないので、注意が必要です。このように、中古品を購入することにともなって発生するリスクを回避するためには、リースを利用するのもよいでしょう。リースは、「初期費用を低く抑えることができる」というメリットがあります。

京セラの複合機を導入するためには、「レンタルのサービスを利用する」という選択肢もあります。レンタルは、リースと同じで購入せずに機器を導入することができるので、初期費用が安上がりになるでしょう。リースよりも短い期間の利用が想定されているので、短期間の利用をする場合におすすめのサービスといえます。

一方で、日常的な業務に使用する機器を導入する場合、長期間の利用が想定されるため、リース利用がおすすめです。インターネット上で見積りの依頼や、機種の選択を行うことができるところもあります。手続きにかかるエネルギーや時間、コストの負担が軽くて済むので、導入までの時間的余裕が少ない場合にもおすすめのサービスです。

複合機の導入方法としては、それぞれのメリット・デメリットがあるので、一概にどれが良いと言い切ることはできません。それぞれの導入方法の特徴を理解したうえで、ニーズや希望条件にマッチしたものを選択することが大切です。例えば、新品を購入やリース、レンタルする場合、故障などのリスクが低いコンディションの機器を手に入れることができます。

その一方で、中古品の購入は故障などによって、ランニングコストや買い替えの費用がかさむリスクが高いものの、初期費用が安上がりになるので短期的な利用に適しているでしょう。

これから京セラの複合機を導入する際には、当然のことながら、機能面もチェックしましょう。最近では、いろいろな機能を搭載した機器も数多く登場してきています。さまざまな機能があると、便利に使用することができます。

商品ごとの特徴を理解し、個々の適性やニーズ、希望条件にマッチした機能が搭載されている商品を導入することが大切です。

次に、複合機を導入する際には、利用する業者の導入後のフォロー体制がどの程度充実しているのかもチェックしましょう。導入した後、定期的なメンテナンスや、トナー交換などの要望への対応などが充実している業者がおすすめです。

導入後の保守サービスを受けるために、費用が発生することもあります。思わぬ不利益をこうむらないように注意することが必要です。また、導入後の保守契約には「カウンター方式」「キット式」「スポット保守方式」などバリエーションがあるので、自社に合った形態を利用しましょう。

京セラの複合機・コピー機は、耐久性の面でも技術的な面でも優れている部分が多く、採用している企業は少なくありません。耐久性が高いと、そもそも故障しないのでトータル的なコストを抑えることができるでしょう。また、ランニングコストも安くできるというメリットがあります。複合機・コピー機の導入を検討しているのであれば、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

複合機NAVIでは京セラのコピー機・複合機を業界最安値でご提供させていただいております。京セラのコピー機・複合機のご導入をご検討の方はぜひお問い合わせください。

京セラのコピー機・複合機を見る

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 選ばれる理由 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET クラウドフォンNAVI オフィス電話回線NAVI 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る