施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

レンタルとリースの違いや複合機の特徴と業者の選び方

レンタルとリースの違いや複合機の特徴と業者の選び方

複合機のリースとレンタルの違いと共通点


複合機とはコピー機やスキャンなど、さまざまな機器が一つに集約されており、一台でいろいろな機能を利用することができる機器です。ビジネスにおいては必需品なので、企業の中には導入を検討しているところが多くあります。導入する場合、その方法は複数種類挙げることができます。
その一つは購入をすることです。購入することによって会社の資産になるという長所がありますが、一方で運用するためのメンテナンス費用や導入する時の初期費用がかかるので、費用面で購入を選択できない企業もあります。
その他の方法としてはレンタルやリースを挙げることができます。レンタルやリースはどちらも業者から借りるので、導入を検討している企業の中にはどのような違いがあるのかあらかじめ知っておきたいと考える人は少なくないでしょう。
違いとして挙げられるのが、契約者についてです。リースを選択すると、契約できるのは法人と個人事業主となります。一方でレンタルを選択すると法人と個人事業主だけでなく個人でも貸し出ししてもらうことができます。その他の違いには利用期間を挙げることができます。利用期間はリースではスパンが長く設定されているケースが多く、一般的には3年から6年の利用期間となります。一方でレンタルは数日から3年程度に設定している業者が多く、リースに比べて短いスパンでの契約が可能です。中途解約についても違いがあります。中途解約は主に契約期間の途中で解約をすることです。リースにおいては基本的に中途解約ができないところが少なくありません。一方でレンタルの場合においては中途解約が可能です。
商品の選択もそれぞれの契約の仕方で異なります。例えばリース契約をした時は商品を自由に選ぶことが可能です。基本的に業者では複数種類のタイプの製品を取り扱っているので、リースであれば好みのメーカーや機能が搭載されている複合機を選択することができます。一方でレンタルは利用者側から選択することができないので、業者が在庫の中から選んで導入してもらうことになります。初期費用に関しても違いがあります。基本的にレンタル契約をすると利用料金だけでなく初期コストがかかります。初期コストは購入よりは当然低いですが、一定の費用の準備が必要です。一方でリース契約をすれば、初期費用はかからないので、初期コストを大幅に削減できるという利点があります。
このように違いがありますが、共通点もあります。それは所有権は業者に帰属する点や、アフターサポートを受けることができる点です。導入する予定のある方は違いを把握して適切な選択をしましょう。

複合機の特徴について


複合機の特徴についてあらかじめ知っておきたいと考える人も多いでしょう。まず特徴の一つは一台にさまざまな機能を集約できる点です。一台に集約をすることが可能なので、これまで利用していたコピー機やファックス、ネットワークスキャナーなどを複合機一台で代用することができ、今まで必要だったスペースが少なくなり、省スペース化を実現することができます。機能がたくさん搭載されているので、一台に集約できたとしても設置面積は大きいのではないかと懸念している人もいますが、製品の中にはコンパクト設計を採用して、限られたスペースで業務を行わなければならない企業でも導入しやすいタイプもあるので、設置面積も従来と比較すると少なくなっています。
その他の特徴としてはネットワーク接続ができる点です。例えばケーブルなしでパソコンのデータを書類化することができます。また、製品の中には共有フォルダーを利用できるタイプもあります。フォルダーを共有することができれば社員間でのファイルのやり取りの手間を少なくすることができるので、一定の利点を感じる人は少なくありません。
両面出力や高速出力ができる点も特徴の一つです。例えば、両面出力ができれば今までよりも業務を効率的に行うことができるようになる可能性もあります。そのため、従業員の負担を少なくできるというメリットを感じる人も多くなっています。

複合機を導入するために業者選択をしよう


複合機の導入をする人の中にはリース契約やレンタル契約を提供してくれる業者を選択したいと考える人は多く存在します。まず選ぶ時は見積もりを依頼しましょう。初期費用はリース契約ではかかりませんが、レンタルにおいては必要になる可能性があります。また、月々の支払いをしなければならないので、契約をした時に毎月どのぐらいの費用が必要なのか知っておく必要があります。
実際に業者の間で値段に差が生まれることが多く、一社だけでなく三社以上見積もり依頼をするケースが多いです。見積もりを依頼することによって必要な費用などを明確にすることができます。
現在の業者ではメーカー一括見積りをすることも可能です。例えば企業の中には製品のメーカーの選択に迷われるケースもありますが、メーカー一括見積を依頼すれば自分に合ったメーカー選択がしやすくなります。また、選択する時はお客様の声なども活用してサポート力がある業者を選択しましょう。

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る