リース・複合機を賢く活用する


リースのメリット・デメリット

複合機は、円滑な業務遂行のために無くてはならないオフィスツールです。しかし正規価格で購入したら百万単位の経費を必要としますから、資金に余裕がなければとても手軽に手に入る代物ではありません。そのため多くの場合、通常はリースで利用されています。レンタルとの違いは後程解説しますが、トータルで経費計算した場合、購入するよりも高くつく場合が多いです。

なぜなら、もとの本体価格にプラスαで業者に支払う手数料その他が上乗せされるからです。手数料の内訳は手数料以外に消費税・保険料・利用の際にかかってくる金利となりますから、ローンとの共通点をいくつか見つける事ができます。ただし期限付きですから、契約満了となった際には更新の有無を決定しなければなりません。あくまでも機器を借り受ける関係上、個人の所有物とはなりませんが、減価償却や固定資産税の対象外となる一方で運営経費として計上できます。ローン同様に審査がありますから審査に通りらなければ不可となります。このリスクを回避するために、多くの企業が与信審査を利用しています。また新品を対象としている事が大半ですから、格安な中古を希望しても対応してもらえません。途中解約もできないとされています。

そもそもが高額な法人用複合機を業社に買ってもらう”システムですから、好きな機種を選べる自由さはあります。デメリットだけを見ていくと、複合機のリースは少々不便で使い勝手も悪そうなのに、多くの企業で活用されているという事は、それだけ双方でメリットがあるからに他らないのです。先述したように利用料金が経費として計上できる他に、初期費用がかからないというメリットがあります。審査があると言っても銀行からの融資ほど面倒な手続きがいりませんから、過去に金融会社とのトラブルが何度もおこっているなどといったような事が無い限りは、さほど心配する必要はありません。特に資本が少ないスモールビジネスや開業して間もない法人などにはお勧めです。

リースとレンタル、どっちが良い?

高額な複合機を導入する方法は、リースの他にレンタルもしくはローンや分割払いでの購入という方法もあります。レンタルとの違いはいくつかあります。レンタルは個人・法人いずれでも利用できます。審査が不要ですから万が一審査を通過しなかった場合に利用するという選択もあります。ただし契約期間が短くなる一方で途中解約ができますから、短期間のみの利用を予定しているなら利用価値は大いにありますが、そうでないなら更新の際にかかる再契約費用が余計にかかってくる事になります。

そもそもシステムそのものが違います。リースの場合は代理購入という形であったものが、レンタルになると業者保有の機器を借りる形になりますから、通常機種がかなり古いものになってしまう事もあります。ただし両者共にしっかりアフターフォローがありますから、故障の際にはメンテナンスを依頼できます。破損してしまった場合は、レンタルだと中古なだけに部品の調達が困難になりますから注意してください。初期費用がレンタルでは別途かかってきます。というのは搬入搬出費がかかるからです。こうして両者を比較検討してみると、似ているようで似ていないシステムである事が分かります。

トータルで見ていくと、レンタルの方が初期費用の分だけ経費は余計にかかってきてしまう事が分かります。従って最も安価で導入したいのであれば、現金一括払いの購入が一番良いという事になりますが、それが難しい場合は審査という面倒な手続きは確かにありますが、資金力に不安があり、毎月の支払いも含めて経費節約したい、なるべく不具合が少ない新品を末永く利用したいというなら、やはりお勧めはリースになります。

オススメの複合機リース

法人用複合機は高額です。機種を選べるとはいえ、主導権は業者側にありますから、万が一に備えて適切に業者選びをする必要があります。機種は新品である点ではどの業者も同じですから、着目点は経費およびサービスとのコストパフォーマンスの善し悪しになります。そこで複数の業者から見積もりをとると良いでしょう。

ちなみにユーザーがどういった点に着目しているかを見ていけば、良い業者像が見えてくるはずです。業者の口コミなどを見てお客様の立場にたった誠実で丁寧な対応が出来ているかどうかを見極めることが重要です。リース契約を結んでしまうと後戻りができないデメリットがある反面、末永く堅固な信頼関係を結ぶ事ができるという点では、ビジネスパートナーでもあると言えるのです。

それだけに明朗会計である事と疑問は早いうちに解消しておく事が重要であるのは言うまでもありません。さらにアフターフォローも重要です。業者の中には導入後の出力設定や回線およびネット環境の整備までサポートしてくれるところもありますから、導入後も安心して活用できるでしょう。

また、実績が充分にあるという点が安心・信頼の基盤になっていることにも注目しなければなりません。中には契約が一端終了した後で業者を乗り換えるケースも見受けられます。その際も口コミや評判は大きな目安になります。導入を決める際はなるべく余裕を持って業者選びをする事も忘れてはいけません。

■関連ページ
複合機リースの詳細はトップページで

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


テレワークのお悩み解決します

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET クラウドPBXNAVI オフィス電話NAVI オフィス引越NAVI オフィス空間 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る