施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

リコーのコピー機の導入をお考えの方のために

リコーのコピー機の導入をお考えの方のために

これからリコーのコピー機を導入したいと考えている方へ


リコーの業務用コピー機を導入しよう考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。業務用のコピー機はさまざまなシーンで使用されています。例えば、普段の日常的な生活シーンの中では、コンビニエンスストアなどにも、業務用のコピー機が設置されています。
現在では、業務用コピー機の性能も高くなってきており、導入することによって、多彩な機能を使用することができます。例えば、スキャンの機能が搭載されていれば、原稿の内容を読み込み、デジタルデータとして保存することも可能になります。中でも、高速スキャンの可能な機器を導入すれば、業務の効率化による生産性の向上なども期待することができます。
また、クラウドサービスへの接続が可能な製品も存在します。こちらの機器を利用すれば、データを手持ちのパソコンではなく、オンライン上に保存することができます。したがって、使用する端末が変わっても、インターネットに接続することのできる環境や機器さえ用意してあれば、保存したデータにアクセスすることが可能です。そのため、企業に勤めるビジネスパーソンが、社外でクライアントのデータを参照したい場合などにも役に立ちます。また、スキャン機能を搭載し、クラウドへの接続が可能な機器であれば、スキャンしたデータをオンライン上に保存し、スタッフ同士で共有するという活用方法もあります。
その他に、ファクシミリのタイムリー受信機能を持つ製品もあります。従来であれば、ファックスを受信すると、内容を一つひとつ確認してから、担当するスタッフに渡す必要がありました。こちらのエネルギーや時間を節約するためにも、業務用コピー機が役に立ちます。ファックスをタイムリー受信する機能を活用すれば、ファックスの受信に連動し、仕分けを行ってくれるため、従来よりも業務をスムーズに、スピーディーに行うことができるようになります。

コピー機にかかる費用を低く抑えるための方法など


この先、リコーなどの業務用コピー機を導入するにあたっては、負担することになる費用にも気を配ることが大切です。家庭用の製品と比較して、業務用の製品には、多様なバリエーションの機能が搭載されています。こちらは、業務の効率を良くし、生産性を向上することも可能になりますが、導入にあたっては、それだけ高額な費用がかかることとなります。
また、業務用コピー機の場合、日常的なビジネスシーンの中で、頻繁に使用することが想定されます。このような状況の中では、トナー交換などのメンテナンスを行う必要があります。こうしたメンテナンスを怠ると、複写や印刷の仕上がり状態が悪くなったり、機器が故障したりするなど、トラブルやアクシデントの原因になるので、注意する必要があります。したがって、この先業務用コピー機を導入する際には、イニシャルコストのみならず、ランニングコストもチェックポイントになります。
次に、業務用コピー機導入の方法として、購入を選択する場合、リースやレンタルを利用する場合と比較すると、多額の初期費用が掛かる傾向にあります。こちらの負担を軽減するためには、リースの契約を結ぶのも選択肢の一つです。また、リース会社によるアフターサービスを受ければ、機器のメンテナンスを行うために、別の業者を探したり、契約したりする必要がなく、負担するエネルギーや時間が少なくて済むというアドバンテージもあります。そして、リースの場合、料金を経費として計上し、処理することができるという利点も存在します。

利用するリース会社を選ぶ時のチェックポイント


これからリコーなどの業務用コピー機をリースで導入する際には、利用する業者の選び方もチェックポイントになります。最近では、インターネット上でサービスの利用申し込みを受け付けているリース会社も数多く見受けられます。こうした会社の中でも、業界内で豊富な実績を積んできているところは、利用価値が高くなります。実績の豊富な会社は、これまでに培ったノウハウを活かして、信頼性の高いサービスを提供してくれるという魅力があります。
また、ホームページ上に実績だけではなく、顧客から寄せられた感想などを掲載している業者も存在します。こちらは、自分と同じ顧客の目線で投稿された情報なので、利用するリース業者を選定するにあたって利用価値のあるものと言えます。
次に、一つひとつのリース会社によって、サービスの利用料金には違いがあります。料金以外の条件に違いがなければ、少しでもリーズナブルな料金設定がなされているところを選ぶに越したことはありません。そのためには、なるべく多くの業者が設定している料金を比較、検討するのがおすすめの方法です。このような場面では、初期費用だけではなく、ランニングコストにも気を配り、トータルのコストを比較、検討することがポイントになります。

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る