コピー機・複合機の価格の違いって何?その他の保守料金についても分かりやすく解説


今や多くの企業で導入しているコピー機・複合機ですが、同じ印刷機でもなぜ価格が違うのでしょうか?性能が異なることで価格に差が出るのはもちろん、見えない部分でも価格に差が出るのです。コピー機・複合機の価格の違いと合わせて、契約時に結ぶ保守契約の保守料金についてご紹介します。

【目次】
*複合機のリース料金で差が出るのは印刷速度の差
└FAXや解像度、ウォームアップタイムといった機能面でも価格に差がでる
*リース料金に加えて契約ごとに異なる保守料金がかかる
└カウンター保守契約
└キット保守契約
└年間保守契約
└スポット保守契約
*使用頻度に合った保守契約を締結する


複合機は定価で購入すると、機材によっては400万円するものもあります。そのため、リースで導入する企業が多くあります。

この際にリース料金が発生しますが、その料金は複合機の印刷速度によって異なってきます。例えば、1分間に15枚の印刷速度の複合機であれば、4,000〜8,000円、50枚の印刷速度であれば、18,000〜25,000円と大きく幅がでてきます。

導入に際しては、自社がどれくらい印刷速度が望ましいかを検討して、それに見合った複合機を用意しましょう。

FAXや解像度、ウォームアップタイムといった機能面でも価格に差がでる

複合機には多機能が備わっていますが、FAXに関してはその機能をもたない型もあります。そのため、FAX機能があるかないかでもリース料金に差が生まれます。またコピー(プリント)解像度が高い方が、料金は高くなりますし、作動するまでにかかる時間「ウォームアップタイム」が短い方が効率的に作業できるためリース料金に影響してきます。

解像度やウォームアップタイムは、その機種固有のものですが、FAXはオプションとなるケースもあるので、不要であればつけずに料金を抑えるという選択できます。

コピー機・複合機を購入する際に契約する保守契約は、メーカーや契約形態によって保守料金の価格が異なります。

カウンター保守契約

カウンター保守契約は基本料金と印刷枚数に応じた保守料金を支払う契約のことです。印刷をしなくても最低限の基本料金がかかりますが、修理やメンテナンス、トナー費用が無料となります。ちなみに、印刷1枚あたりの単価は印刷速度などによって異なり、モノクロコピーが1円~3円、カラーコピーは15円~25円が相場です。

キット保守契約

キット保守契約はトナーキットと呼ばれるものを契約時に購入し、大抵の場合5年間もしくはトナーが切れるまでの間が契約期間です。契約期間中は修理費や部品交換費などがかかりません。トナーキットの価格は想定されている印刷枚数によって異なり、業務用で1色あたり15000円~30000円前後のものが多いです。

年間保守契約

年間保守契約は契約年ごとにコピー機・複合機を保守する契約です。修理や部品交換などのサービスが無償で受けられるようになりますが、契約年分の料金を一括で払うことになります。年間保守契約はメーカーによって価格が異なりますので、メーカーに問い合わせてみるといいでしょう。

スポット保守契約

スポット保守契約は上記3つの契約のような契約時に料金が発生することはありません。ただ、コピー機・複合機が故障するたびに料金が発生します。部品代やトナー、修理費など修理にかかる費用が基本的に全て自己負担となるため、1度故障した際に高額な修理費用となるかもしれません。

使用頻度に合った保守契約を締結することは経費削減のためにも重要なことです。カウンター保守契約を締結するところが多いですが、使用頻度が少ない場合はキット保守契約の方がお得になることもあります。保守契約時にはランニングコストをなるべく抑えた契約をしましょう。
複合機NAVIではお客様からヒアリングをさせていただき、最適な価格のコピー機・複合機を最適な保守プランでご提案させていただいております。コピー機・複合機の導入をご検討の方はお気軽にお問い合わせください。

コピー機・複合機のお問い合わせはコチラ

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 選ばれる理由 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET ビジネスフォンNAVI クラウドフォンNAVI オフィス電話回線NAVI 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る