コピー機をリースにすることのメリットは


経費削減にも効果を上げるコピー機のリース

会社を見てみると、コピー機がないということはかなり稀でしょう。IT化が進んできてはいますが、アナログな書類がなくなるわけではありません。紙媒体の書類は必ず存在することを考えると、コピー機の存在は欠かすことができないでしょう。特に新規で起業した場合、いったいどんなコピー機にするのかは、迷うところになります。

実際に立ち上げ時には資金的な問題もありますので、できるだけ削減したいのが当然です。初期費用を抑えることができれば、開店資金に使うことができるようになるでしょう。この辺りの資金運用は非常に重要なポイントであり、継続性を高めるポイントにもなってきます。そこで、購入するという選択は取らず、リースをするということも視野に入れていくことになるでしょう。

経費の削減ということでは、1回の支払いが少なくなるリースはメリットがあります。金額的に大きなものとなることからのメリットは他にもありますが、デメリットもあることに気が付かなければいけません。その中で、リースを使うべき要件とは一体何かを見いだすことで、有効に利用できるようになっていきます。何でもメリットばかりではありませんので、デメリットをどう帳消しできるのかということを知ることが重要です。

リースにすることによって、経費処理ができるようになることも大きなメリットでしょう。購入することで金額的に数十万円を超えることもありますし、減価償却などもしていかなければいけなくなります。固定資産税の問題も出てくることから、非常に手間がかかる場合もあるでしょう。面倒であるというだけではなく、所有財産になるということのデメリットが大きいため、リースを選択するということが出てきます。初期費用とともに考えていくと、企業の段階で考えれば、かなり大きなポイントになってくるでしょう。

リースだからこそできる新製品の導入

リースをするということは、自分で購入するわけではありません。機械の長期賃貸契約という内容になってきますが、契約が終われば返却することになるでしょう。これがデメリットになることもありますが、うまく使えばメリットにもなります。特に機械であるということが重要なポイントです。機械ですので、時間とともに劣化することになるでしょう。新しい機能がついた新商品も出てきますし、故障も増えるようになるからです。

機能がうまく使えなくなってしまえば、コピー機としての意味がなくなるということもありますので、リース期間終了とともに返却するということができるのは大きいでしょう。費用は継続することにはなりますが、新しいコピー機を入れて、故障などの問題から解消されるということもできます。リース契約ですので、商品の購入代行という性格がある以上、途中解約はできない契約がほとんどです。そのため、解約するのであれば、違約金やリース残高の支払いも迫られることになるでしょう。

しかし、常に新品にしておくことで、途中で壊れてしまうといった問題で悩まされることもないでしょう。購入してしまうと、こうしたことはなかなかできなくなります。費用の支払いということもありますが、資産として持ってしまったことで、もったいないと考えることも出てくるからです。この効果はかなり大きくなることから、リースにしてしまうほうがメリットを享受しやすいことも考えられます。

要件の整理から導入機材の選定を

コピー機を選ぶ場合には、いったいどれぐらい使うのかということを考えておくといいでしょう。性能はいろいろなものがありますが、多く使うのであれば、高速で作業する機器でないとストレスがたまることになります。そうなると、せっかくの機能も生かすことができないでしょう。逆にあまり印刷しないのであれば、そこまで高速である必要がありません。高速印刷することは、それだけ機能を高めることになるため、機材も高額になります。これが無駄なコストになってしまうことを考えれば、そこまで高機能なものは選ばないほうが、リースとしても効果的なものになるでしょう。

次に、どんなサイズを印刷するのかを考えなければいけません。現在は、A3サイズは印刷できるのが一般的ですが、これ以上の大きさになると、機能を上げなければならなくなります。スロットの数によっても、入れ替えを頻繁にすることになり、紙の管理も大変になることから、機能を上げたほうがいいことも出てくるでしょう。

コピー機の機械としてのサイズも重要です。ただ置くことができるというだけではなく、操作できなければ意味がありません。コピー機を置いたことによって、身動きができなくなってしまうようなことも珍しくない話です。音によって、仕事がうまくいかなくなることさえあるのですから、周りの環境も考えて選ぶといいでしょう。

要件を出していくことで、無駄な機材を投入しないで済むようになります。ただ必要だからリースをするというのではなく、しっかりと考え、必要な機材を入れるということが、経費削減でも大切なことです。

■関連ページ
初めて複合機選びのポイントはこちら

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


テレワークのお悩み解決します

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET クラウドPBXNAVI オフィス電話NAVI オフィス引越NAVI オフィス空間 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る