施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

コピー機をリースで導入する場合の料金の違いとは

コピー機をリースで導入する場合の料金の違いとは

オフィス機器の導入を考えている方へ


新しく事務所を構えたり、起業をするにあたって、必ず必要になるのがコピー機などのオフィス機器の導入ですが、初期投資としてはかなりの額が必要となるので、できれば料金を安く抑えたいと考える人が多いでしょう。事業主の方はどのように導入するべきか頭を悩ませることがあるかもしれませんが、通常、コピー機等のオフィス機器を導入する場合、新規で購入する、あるいはリースやレンタル等を利用する方法の中から選択することが一般的です。
それぞれの導入方法に特徴があり、メリット・デメリットがあるので、その会社の目的や条件、希望によって選択することになります。あまり考えず、安易に選択してしまうと、最初に必要になる費用や後にかかってくるランニングコストにも影響が及び、後にかかってくる運転資金の確保にも関わってくるので、立ち上げ当初からきちんと考えて決定しなければいけません。そのためにも、オフィス機器の導入方法について知識を学び、オフィスにとってどの方法が最適なのかをしっかりと見極める必要があります。
現代社会において、コピー機や複合機等のオフィス機器は、パソコンやインターネット同様になくては運営に支障が出てしまう程に必須のアイテムとなっています。安い家庭用で済ませるにはスペックの差が大きすぎるため、ここはやはりきちんとしたオフィス機器の導入をする必要性が出てきます。1台だけでも相当な価格になる可能性があるので、オフィス立ち上げにかかる費用に加えてより資金が必要となる場合があります。運営資金の確保を目的として考えるのであれば、オフィス機器をリースで導入する方法も選択肢の一つです。新規購入との大きな違いやメリットについてしっかりと把握しておくようにしましょう。

導入方法による違いについて


コピー機や複合機等のオフィス機器は、導入方法の違いによって導入時に発生する料金に大きな差が生じる点に特徴があります。メーカーから新品を購入する場合には、好きな商品を選ぶことができ、しかも新品なので安心して使用することができますが、初期費用が高額になってしまうので、立ち上げ後の運営資金に回したい場合にはネックとなってしまう可能性があります。
中古品を購入する場合にも、やはり商品によりますが、それなりに良い中古品の導入を考えた時には、高くついてしまう可能性があります。また、新品ではないため、出回っている中から選ぶことになるので、自社に最適なものを選ぶことができないかもしれないという制約があるという点においては不便に感じることがあるかもしれません。
新品の購入や中古品の購入に比べて、初期費用が比較的安価で済むという点でメリットがあるのは、リースでの導入方法です。この場合、業者が代理購入するという形になるので、初期費用はほとんどかからないことになります。そのため、必要な運営資金を確保することにもつながるので、事業主の方には大きなメリットとなります。
また、リースの場合は毎月同額の支払いとなり、経費として処理することができるため、計算もしやすく、減価償却費や保険料等の事務的な負担が軽減されます。さらに、自己名義の持ち物ではないため、固定資産税の支払いは必要がありません。最終的に処分をする際にも関わる必要がないので、気軽に導入しやすく、後々にも面倒な手間が発生しないというメリットがあります。中古品を購入する場合とは大きな差があることを知っておきましょう。

オフィス機器導入時の注意点とは


コピー機や複合機等のオフィス機器導入時には、いくつか注意しておく点があります。まずは、高い商品だから最適という考え方で商品を選択してはいけないということです。
各オフィス毎に、オフィス機器に求められるスペック、機能は異なります。あまり印刷をしないオフィスにおいて、高速スピードで印刷できる商品は必要がありませんし、大量に印刷するオフィスで印刷スピードが遅い商品を使えば、業務に支障が出てしまいます。まずは自社の月間印刷枚数を把握し、それに見合ったオフィス機器を選択するようにしましょう。
また、格安商品に惹かれて導入を決めると、必要な機能がなかったり、印刷に時間がかかって稼働率が悪くなる等の問題が発生する可能性もあります。導入を検討する際に、業者の人に条件や希望、月間印刷枚数を伝えた上で、最適な提案、見積りを出してもらうようにしましょう。いろいろな業者をピックアップして、相談をしてみることをおすすめします。その対応や回答によって信頼できる業者かどうかを判断することができます。また見積り内容や料金に疑問点や不明瞭な点はないかを確認して、しっかり納得した上で導入するようにしましょう。
会社が求めるオフィス機器への機能は何かを考えなければいけません。オフィス機器を利用することになる社員の方と一緒に相談するのは大切です。その上で、どの商品を導入するかをよく考えて決定すると良いでしょう。料金の面で初期費用がかからず、運用が楽という観点で考えると、リースでの導入も選択肢の一つです。これから導入される方は、情報を収集して検討をしてみましょう。

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る