コピー機の豆知識や激安で導入をする方法


コピー機をリース契約で導入するメリット

コピー機は書類などを印刷する際に必要不可欠なアイテムとなりますが、導入をするにあたって、リースか購入かで迷っている人たちも多いのではないでしょうか?その中でもリース契約には色々なメリットが存在しているので、今回はリース契約で導入するメリットには何があるか紹介します。

まず、魅力的なのがリース契約なら月々の支払いを経費で処理することが可能な点です。リース契約の場合はコピー機の所有権はリース会社にあるため、支払っているリース料金は全て経費計上することができます。購入をする場合には経費計上することができないので、あらかじめ調べておくと良いでしょう。

続いてのメリットは初期費用がかからない点です。例えば、購入をする場合にはもちろん本体の金額、搬入費、設置費、設定費を初期費用として支払うかたちとなります。機種によってはトナー(インク)なども準備しなければなりません。これらのアイテムを全て用意しようと思うとそれなりに高額な費用が必要になります。初期費用がかなりかかってしまうので、できる限りコストを抑えたいと思っている人にとっては購入は負担が大きくなってしまいます。その点、リース契約であれば月々の支払いになるので、まとまった費用がないという場合でも負担なく利用することができます。

他にも減価償却費や固定資産税が発生しないといったメリットも存在します。コピー機は基本的に減価償却費や固定資産税の支払いが義務付けられていますが、払わなくても良いケースが存在しています。それがリース契約で所有をすることです。リース契約なら所有権はリース会社にあるため、使っていても固定資産になるということはありませんし、減価償却についても考える必要がなくなります。減価償却費や固定資産税の支払いがなくなることによって、費用の負担を軽減できる以外に事務作業の負担も減らすことができます。特に何台も所有している企業はそういった事務処理が大変になると言われています。色々な負担を軽減できるのは魅力的です。

現代のコピー機のすごさ

現代には色々な設備が存在していますが、昔に比べると高機能になっているコピー機が増えてきています。実際にどのような機能やメリットがあるのかよく知らない方のために、最新機器を使用する際のメリットについて紹介します。

まず、設計がコンパクトだというメリットが存在しています。昔はコピー機やファックス、スキャナーなどの機能は別々の機械で扱っていたことが多かったですが、現代ではこれらの機能が一台に備え付けられているので、それほど広いスペースは不要になっています。例えば、オフィスの端に置いておくだけで書類のコピーやファックスなどあらゆる面で活躍をしてくれます。

また、省エネ効果があるのも魅力の一つです。昔のコピー機は電気代が高くなることが多くなっていましたが、現代では省エネ機能がついているので、使っていない時は電力の節約をしてくれます。その為、常に稼働をしているというわけではないので、オフィスのエコに貢献してくれます。

その他にも印刷スピードが速いなど、高い生産性があるのも魅力的な部分です。スピードが速いので効率よく作業を進めることができます。このように、魅力的な部分がたくさん存在しているので、古いコピー機を使っていて不便だと感じる場合は最新機器への買い替えも検討してみると良いでしょう。今は最新機器でも激安でリース契約ができる会社もあるのです。

コピー機を激安で導入する方法

コピー機を導入する際には販売会社経由でリース会社に依頼することが一般的になりますが、販売会社は日本だけでも数多く存在しています。中にはできる限り激安で導入を検討している方も多いと思うので、願いを叶えるためにも激安で導入するための方法について紹介します。激安で導入するためには、できる限り複数のメーカーの見積もりを依頼するようにしましょう。複数の企業に依頼することによって、どこが安く導入できるのかを比べることが可能です。

しかし、複数のメーカーの見積もりを全て取るのは面倒だと思っている人も多いのではないでしょうか?こういった場合にはネットから一括見積が可能なサイトも存在しているので、一括見積の方法で見積もりをすると手間なく激安のリース会社を選択することができます。

■関連ページ
リース金額別選びはこちら

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 選ばれる理由 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET クラウドフォンNAVI オフィス電話回線NAVI 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る