コピー機のリースの相場は知っておくべきもの


コピー機を会社に設置するには

新しく自分で会社を興すような場合には、会社の中の備品を調達することが必要になります。会社を運営するのに必要となってくるのがコピー機器やファックス、電話、パソコンなどの備品です。最近では比較的廉価な備品も出回るようになっていますが、廉価な装置を購入すると短期間で故障してしまい、すぐに新しい備品を購入するような事態になってしまいます。そのため、値段は高くても性能の良いものを取り揃えておくことがおすすめの方法です。しかし、一度に多くの備品を揃えるにはかなりの費用が必要になってきます。会社の信用を得るためにもやはり値段の高い備品を揃えておく方がよいでしょう。信用を得られないと、お客様との取引に支障をきたしてしまうかもしれません。

そんな場合におすすめなのが備品のリースです。備品を購入するよりもリースを使えば費用を安く抑えて高級感のあふれる備品を導入することが可能になります。また、コピー機などの利便性はどんどん改善されていくため、借り入れを行えば、新しい機能を持った備品に適宜変更していくことも可能です。そのため、効率の良い仕事をしていくことができるようになります。どこのリース会社からリースをすればいいのかということが問題になるかもしれませんが、リースをする際に、その相場を知っておくとよいでしょう。相場よりも高いリース会社は手数料を多く取られている可能性がありますので、敬遠した方が無難でしょう。いくつかのレンタル会社を比較検討してから、実際のリースを開始していくようにすれば、お得な値段での運用が可能になります。会社内に設置する家具や、さらには観葉植物までもリース可能になっているので、この制度は大いに活用すべきでしょう。

コピー機などをレンタルをする際の注意事項

コピー機をレンタルをする際には、契約内容をしっかり確認しておきましょう。特に重要なポイントとなってくるのが、途中解約の場合の条項です。新型の性能の良い備品へレンタルを切り替える際に、途中解約のペナルティの条件が付いてしまうのであれば、その分余計な出費になってしまいますので、同じメーカー内の新型機種であれば、スムーズに機種の変更が可能になっているレンタル契約を結ぶようにするとよいでしょう。レンタルの開始に先立ち、審査のための時間が必要になるので、時間的な余裕も見ておくことが重要です。

また、備品には故障がつきものです。また定期的なメインテナンスも必要になってきます。レンタル契約の際には修理やメインテナンスの条項も確認しておくようにしましょう。たとえば、備品に必要になってくるトナーなどの消耗品の調達は、自分で行う場合にはそれなりの手間が必要になりますが、レンタル会社がそれを代行してくれるのであれば、その分の手間を省くことが可能になります。

また、備品の設定も、会社の方でするのではなくて、レンタル会社が代行してくれるのであればひじょうに便利です。備品の調達においては、アフターサービスを含めてすべてのサービスをレンタル会社が代行してくれるようなプランを選び、レンタル契約をしていくようにするのがおすすめの方法です。

会社の経営にとって、備品は必須のものであることは間違いありませんが、メンテナンスや修理のために時間をとられてしまい、会社の円滑な運営に支障をきたしてしまうようなことが無いように努めなくてはなりません。

コピー機などの備品以外に会社の運営に必要なもの

コピー機をはじめ、会社内の備品は会社を運営する上でとても重要な役割を果たしてくれるものです。会社の業務を円滑に行っていく役割に加えて、しっかりとした備品が揃っている会社はそれなりの信用を与えることができます。会社内の備品は相場に応じてレンタルする仕組みを利用すれば、十分に備えることができるようになります。家具やデスクなども、会社のイメージに合ったものをチョイスしてレンタルするようにするとよいでしょう。

しかし、会社が円滑に業務を行っていくためには、備品だけでなく、会社の立地も重要なポイントになってきます。いくら素晴らしい商品を取り扱っている会社であっても、立地が悪くアクセスがしづらいと、客足は遠のいてしまいます。そのため、最初に会社を立ち上げるときに立地も十分に検討するようにしましょう。また、会社をやりくりしていくためには、運転資金も必要になってきます。会社を始める際には、備品を含めたトータルなアレンジが必要です。

レンタル契約で備品をそろえる場合には、仮に会社の立地を将来さらに良い場所に変更するような場合でも、きちんと対応してもらえるような契約をあらかじめ選んでおく方が無難です。またレンタルの場合には初期費用は必要ないので、備品を揃えるために特別な運転資金は必要ありませんが、その後のランニングコストについても十分に検討しておくようにしましょう。

長期的なスパンで、レンタル契約に基づいて会社の運営を資金面の観点から継続していくことが可能かいつも考えておくようにするとよいでしょう。会社の経営は長く安定して収益を上げることが最大のポイントになるからです。

■関連ページ
リース金額別選びはこちら

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!


テレワークのお悩み解決します

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET クラウドPBXNAVI オフィス電話NAVI オフィス空間 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る