そもそもリースって何?リース、購入、レンタル…一体何がどう違うのか徹底解説


コピー機・複合機の調達に際し、レンタルとリースという異なる方法を混同してとらえてしまい、購入との二者択一から結論を導き出す傾向がみられますが、これは正しい選択作業とは言えません。

レンタルとリースはどちらも「借りる」という点では同じですが、コピー機・複合機のサービスに関しては、その内容が大きく異なります。まずはレンタルとリースの違いを正しく理解し、3つの選択肢の中からベストなコピー機・複合機を選びましょう。

目次
*リースは原則中途解約ができないものの月額料金は比較的安い
*レンタルは月額料金が割高傾向にあるものの短期間から契約できる
*購入は初期費用などに注意が必要だが総支払金額を抑えられる
*リースを活用する企業は多いがデメリットも知っておくことが大切
*コピー機・複合機の調達方法が決まったら業者を探す

リースは原則中途解約ができないものの月額料金は比較的安い

「リース」はサービス利用者が希望するコピー機・複合機の機種を、リース業者が準備して貸し出すサービスです。リース可能な機種はリース業者が調達可能なメーカーの全機種が対象となります。

契約期間は通常3年から6年で、コピー機・複合機の所有権はリース業者にあり、減価償却の手続は必要ありません。しかし、中途解約は原則できないようになっています。契約期間終了後は期間延長もしくは業者へコピー機・複合機を返却して契約終了。

レンタルと似ていますが、コピー機・複合機の月額料金はレンタルと比較して割安で、期間終了後延長しての再リースはさらに割安となるのが大きな違いです。

レンタルは月額料金が割高傾向にあるものの短期間から契約できる

「レンタル」はコピー機・複合機のレンタル業者が、既に所有しているものを顧客が希望する期間だけ貸し出すサービスを指します。対象となるコピー機・複合機は、そのほとんどが中古品です。レンタル可能なコピー機・複合機は、レンタル業者がその時点で保有する機種の中からだけの選択となります。

短期間からの契約が可能ですが、コピー機・複合機業界では一般的に最低1年以上の契約が基本です。コピー機・複合機の所有権は業者にあり、減価償却の手続は必要ありません。

中途解約は可能ですが、違約金が発生する場合があり注意が必要です。契約期間終了後は期間延長もしくは業者へコピー機・複合機を返却して契約終了となります。

月額料金はリースと比較して割高傾向で、レンタル期間が短くなるほど割高となる設定が一般的です。しかし、コピー機・複合機のレンタル料は損金処理が可能で、節税ができるようになり、企業の利益に繋がると考えられます。

購入は初期費用などに注意が必要だが総支払金額を抑えられる

コピー機・複合機を一括購入するメリットは、レンタルやリースと比べて総支払金額を安く抑えられたり、自己所有物となるため10万円以上の商品であれば資産として計上できたりする点が挙げられます。

その一方、高機能のコピー機・複合機であれば、初期費用が数百万円を要する機種もあり、注意が必要です。また、10万円以上の商品の場合、固定資産税の支払い、すなわち減価償却管理が必要です。また、処分する場合は自己負担となります。

リースを活用する企業は多いがデメリットも知っておくことが大切

このように、コピー機・複合機のレンタル、リース、購入それぞれを比較してみると、多くの企業がリースを選択する理由が明確に見えてきます。

リース契約は低予算で借りることができるので、銀行からの融資を極力避けられます。そのため、本当に融資が必要になった時に備えて融資枠の確保が可能に。
さらに、リースされるコピー機・複合機は、リース業者が動産保険に加入するため、万一の故障や盗難の場合も、保険適用条件範囲内であれば、保険対応が可能です。

また、所有権がリース業者に帰属するため、数百万円の機種であったとしても、資産として計上することはできません。設備投資が必要な物は固定資産になるので税金などがかかるのですが、リースであればそうした諸々の計算が不要になり、経理業務の手間が省けます。

このように、手元に自己資金や投資予算がない状況でも、必要な機能を備えた高額機種を調達できますし、導入費用を安く済ませられるので、リースは業務の効率化や企業経営にも繋がる有用な選択肢なのです。

ただし、リースは中途解約ができず、1~2年程度の短期間の利用を希望する場合には不向きです。さらに、長期的にコピー機・複合機をリースするとなると、購入する場合と比較して費用の総額が高くついてしまう可能性もあります。
コピー機・複合機のリースは便利な選択肢ですが、それに伴うデメリットがあることも考慮しておきましょう。

コピー機・複合機の調達方法が決まったら業者を探す

以上、コピー機・複合機のリース、レンタル、購入の3つの調達方法それぞれについて解説しました。調達方法が決まれば、次に行うべきなのが、自社にとってベストなサービスを提供してくれる専門業者探しです。確かな実績で評判の高い業者との十分なコミュニケーションを通じ、後悔しないコピー機・複合機のリースサービスを選択しましょう。

前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 選ばれる理由 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

MEGA-NET ビジネスフォンNAVI クラウドフォンNAVI オフィス電話回線NAVI 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る