施工事例集 選ばれる理由 商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

これから京セラのコピー機を導入する場合には

これから京セラのコピー機を導入する場合には

なるべく安い費用で京セラのコピー機を購入したいとお考えであれば



京セラのコピー機を購入するにあたって、負担することになる費用が安いに越したことはありません。こちらの条件では、商品のコンディションによって販売価格に違いがあります。例えば、新品よりも新古品、新古品よりも中古品の方がリーズナブルな価格で販売される傾向にあります。したがって、購入時の費用を最も低く抑えるためには、中古品を選択するのがおすすめの方法ということになります。

ただし、コピー機の購入に際しては、初期費用だけではなく、ランニングコストや商品の買い替えにかかる費用も考慮に入れた上で、商品を選ぶことが大切です。中古品の場合、新品や新古品とは違って使用された機会があるため、故障などの問題が起きやすく、イニシャルコスト以外の費用がかさみがちになるという問題があります。こうした問題に気を配って商品選びをしないと、購入時の経済的負担が軽減されても、トータルのコストがかさみ、結局は不利益をこうむることにもなりかねないので、注意する必要があります。

このように、中古品を購入することにともなって発生するリスクを回避するためには、リースを利用するのもおすすめの方法です。こちらは、購入と比較して、初期費用を低く抑えることができるというメリットのあるサービスです。また、リースの契約を結んだ場合、商品の所有権はリース会社にあります。そのため、リース料金を経費として計上し、会計処理することができるというアドバンテージもあります。



導入する方法の違いについて



京セラのコピー機を導入するためには、購入、リースの他に、レンタルのサービスを利用するという選択肢も存在します。レンタルは、リースと同じように、商品を購入しないで機器を導入することができるので、初期費用が安上がりになるというメリットのあるサービスです。レンタルの場合、リースよりも短い期間の利用が想定されているので、イベントの開催などに際して、短期間の利用をする場合におすすめのサービスと言えます。

その一方で、日常的な業務に使用する機器を導入する場合、長期間の利用が想定されるため、レンタルよりもリースの利用をおすすめします。リース会社の中には、インターネット上で見積もりの依頼や、機種の選択を行うことができるところもあります。こちらは、手続きにかかるエネルギーや時間、コストの負担が軽くて済むので、もろもろの事情によって、導入までの時間的余裕が少ない場合にもおすすめのサービスです。

コピー機の導入方法として、新品の購入、中古品の購入、リースの利用には、それぞれのメリット・デメリットがあるので、一概にどれが良いと言い切ることはできません。したがって、それぞれの導入方法の特徴を理解した上で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件にマッチしたものを選択することが大切です。例えば、新品を購入する場合、故障などのリスクが低いコンディションの機器を手に入れることができます。また、購入と比較して、リースの場合には、機器の入れ替えに際して負担するコストや時間、エネルギーの負担が軽くて済むというメリットがあります。こうした事情から、長期的な利用を想定している場合には、購入やリースが良いとされています。その一方で、中古品の購入は、故障などによって、ランニングコストや買い替えの費用がかさむリスクが高いものの、初期費用が安上がりになるので、短期的な利用に適しているでしょう。



機器に搭載されている機能や、導入後のフォロー体制にも気を配ろう



これから京セラのコピー機を導入する際には、当然のことながら、搭載されている機能もチェックポイントとなります。最近では、コピー以外に、パソコンからのデータ受信による印刷など、いろいろな機能を搭載した機器も数多く登場してきています。このように、さまざまな機能があると、便利に使用することができますが、その分だけコストがかさむこととなります。したがって、商品ごとの特徴を理解し、個々の適性やニーズ、希望条件にマッチした機能が搭載されている商品を導入することが大切です。

次に、コピー機を導入するにあたって、利用する業者を選ぶ時には、導入後のフォロー体制がどの程度充実しているのかもチェックポイントとなります。具体的には、導入した後、定期的なメンテナンスや、トナー交換などの要望への対応はしてくれるのかなど、さまざまな点に気を配ることが大切です。

場合によっては、導入後の保守サービスを受けるために、費用が発生することもあります。こちらの有無や金額に気を配らないと、思わぬ不利益をこうむることにもなりかねないので、注意する必要があります。また、導入後の保守契約には、カウンター方式・キット式・スポット保守方式という3つのバリエーションがあるので、それぞれの特徴についても理解しておきましょう。

■関連ページ
コピーの詳細はトップページで

次の記事へ


複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!




トップへ戻る