ICカードを安く!早く!簡単に!

2017年8月10日


いつも複合機NAVIブログをご覧いただきありがとうございます!

担当の吉田です🐸🌷

 

東京オリンピック🗼まで3年を切りましたね!

オリンピック開催にむけて会場の整備が進められる中、

街中にあるものが増え続けているのをご存知でしょうか?

それは、防犯カメラです‼

 今後街中だけでなく電車内にも設置される予定で、犯罪行為やテロ対策に大活躍しそうです。

選手村では顔認証カメラが導入され、目視よりも厳しく不審者の侵入を阻止します✖

東京オリンピックでは最新のIT技術が集結することとなり、

セキュリティ市場は2020年に向けてさらに成長を続けていくでしょう📈🌟

セキュリティと言えば、5月末には個人情報保護法が改正されました。

改正前では、個人情報取り扱い件数5000件以上の事業者が適用対象でしたが、

改正後は1件でも取り扱っていれば適用対象となりました。

この改正により、企業に様々な安全管理措置が求められるようになり、

組織的、人的、物理的、技術的の4つの面でのセキュリティ対策をとる必要があります🚧

中でも、物理的セキュリティ対策としてあげられるのが、

入退室管理システムの導入や複合機の認証管理システムの導入など。

導入にあたり共通して準備することになるのが、“ICカード”です⚠

 

 

 

しかしこの“ICカード”、

外注すると費用が高い💰

納期がかかる🗓

社員の個人情報を依頼先に渡す必要がありセキュリティ上不安…😰

といった懸念点も。

かといって社内で作るとなると、

カードのデザイン作成をしなければなりませんし、

さらに専用のカードプリンターを用意する必要があり、

入退室管理システムや複合機の認証管理システムの導入自体

踏みとどまってしまう方も多いのではないでしょうか?😱💦

 

しかし、ゼロックスの「ICカード・ラベル発行システム」なら💫

これらの悩みを全て解決することができるんです✌

無償の券面作成ソフトウェアでデザインを簡単に作成することができ、

あとは社内の複合機でICチップが内蔵された専用紙にプリントするだけ!

エンコード装置で社員のデータの書き込みを行えば、

作業は完了です🎉

 

社内で一貫して作ることができるのでセキュリティ上も安心ですし、

必要なとき、必要な人数分の“ICカード”を作成できるので、

急遽社員が増える時なども非常に便利です💮

複合機のICカード認証を使うと、

放置プリントを防止し、情報漏えいリスクを軽減することができます。

さらに、誰がどれくらい刷っているかを集計できるため、コスト管理ができる、

個人が使いやすいようにトップ画面をカスタマイズできる、

など、

複合機を使う方全員に嬉しい機能が盛り沢山💯✨

 

「ICカード・ラベル発行システム」ならこのように簡単に“ICカード”を作ることができます。

少しでも身近に感じていただけていれば幸いです😉

今回は物理的なセキュリティ対策についてお話しましたが、

もう一つ重要なのが“ネットワークセキュリティ対策”👾👾👾

これはまたの機会にお話したいと思います。

 

「セキュリティ対策って何をすればいいの?」

「どこまでやればいいの?」

とお悩みのお客様、お気軽にご相談ください🌞

 

無料のご相談窓口📞0120-223-290(平日9:00~19:00受付)
📩copy@mega.co.jp(24時間受付)



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!

お客様満足度アンケート

お客様の声
施工事例集 選ばれる理由 スタッフブログ
商品一覧 人気ランキング サービスに関して
ご導入の流れ よくあるご質問

特別メニュー
複合機用語集 スタッフ紹介

富士ゼロックス専門サイト オフィス・店舗まるごとNAVI オフィス引越しNAVI SPICA MEGA-NET LED照明NAVI MEGAエネ パソコン修理NAVI 動画ページ かんたんリース審査
トップへ戻る