業界最安値がすぐ分かる複合機一括お見積り メールアイコン メールでお見積り

複合機のクラウド連携について

2020年7月17日


いつも複合機NAVIブログをご覧いただき誠にありがとうございます!
営業担当の野村です!

最近世間ではコロナウイルス対策の取り組みとしてテレワークが推進されております。

その取り組みの一環として今までデータ共有をされていたものを
外出先からアクセスできるような環境作りをされる企業が増えております。

ただその仕組みを構築するのにもやはりお金がかかり、
そこまで従業員規模が多くないお客様だと費用対効果を考えると中々手が出しにくいというのも実際あるかと思います。

そんな中手軽にデータ共有が出来るツールとして、
「GoogleDrive」や「DropBOX」などのクラウドサービスで代用をする
という方もおられるのではないでしょうか。

今回はそういったお客様からお問い合わせいただく、
「スキャンをしたものを直接クラウドサービスに飛ばしたい」
というご要望についてお答えしたいと思います。

結論から申し上げますと直接飛ばすことは可能です。
ただし、別途オプションサービスへの加入や設定が必要になります。

富士ゼロックスの場合、Cloud Service Hubというサービスを利用します。
https://www.fujixerox.co.jp/product/software/cloud_service_hub

月額費用は1クラウドサービスのみの場合、\1,500となっております。
(50ユーザーまで利用可能)

キヤノンの場合はuniFLOW Onlineというサービスを利用します。
https://cweb.canon.jp/software/document/lineup/uniflow-online/index.html

こちらは無償版もあり、無償版の場合GoogleDriveのみ連携可能となります。

有償版は月額費用\1,050で利用可能ですが、10ユーザーごとに費用がかかります。
ユーザー数が10人を超える場合はゼロックスより費用がかかってしまいます。

その他のメーカーでも様々なやり方で対応しております。
※していないメーカーも中にはございますので詳しくはお問い合わせください。

また、対応できるクラウドサービスと出来ないクラウドサービスもございますので、少しでも気になりましたらお気軽にお問い合わせください。

他にも気になる機能やご質問がありましたら、無料のご相談窓口0120-223-290(平日9:00~19:00受付)もしくはcopy@mega.co.jp(24時間受付)のメールアドレスがございます。
お役に立つ情報や、新情報をお伝えしていきますのでこれからも複合機NAVIをよろしくお願いいたします。



複合機・コピー機に関するお問い合わせ・お見積りはこちら!

複合機NAVI紹介動画
  商品一覧         複合機を選ぶ          お客様満足度アンケート お客様の声    施工事例集             メニュー   
かんたんリース審査 テレワークのお悩み解決します クラウドPBXNAVI オフィス電話NAVI オフィスWi-FiNAVI オフィス引越NAVI MEGA-NET オフィス空間
トップへ戻る